携帯写真と映像感想。気紛れ更新ご容赦願う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告│ トラックバック(-) コメント(-)
『義経』第16回 試練の時
今日のツボ。
嫉妬に狂った女は何をするか解らない、という見本の政子ちゃん。
義弟を気に入ったのかと思えば、父親と一緒に義弟の足を引っ張ろうと画策する同じく政子ちゃん。(←え?それってツボなの?)
うーん、イヤンだ…。

仲睦まじそうな(てゆーかじれったい?)義経と静を覗き見て「別に羨んでいるわけではない」(だったっけ?台詞うろ憶え~)と言いながら、実はちょっと嫉ましそうな政子ちゃん。
てゆーか、なんでアナタが其処にいる?
カッコいい義弟にちょっとフラっとしながらも、やっぱり一番はダンナ様なわけでして。
浮気(っつーか、自分の方が後で会ってるんだけど)の現場を目撃して嫉妬に狂うお義姉サマに対して「間違い(気の迷い?)」とか言うかなー?<義経
そこはまあ、経験の無さが伺えるというか…。
で、嫉妬に狂った挙句放火ですか!あらまあびっくり。
自分のしたことを認めちゃう潔さは賞賛に値するかもしれませんが、それでも放火は殺人と同じくらい重罪ですからねぇ。火付盗賊改方が設置されるくらいですから(それは江戸時代になってから)。
もうちょっと反省の色が欲しいところです。政子ちゃん。
で、片や焼き出されてしまった亀ちゃんは政子ちゃんの嫉妬が怖いので、鎌倉殿に黙って姿を消すと。頼朝に迷惑がかからないようにとの配慮より、身の安全が最優先ですから。でも健気だなぁ。可哀想…(T-T)
でも来週からオセロの黒い方が出るのね。なんてタイミングなんだ。(笑)

前向きでポジティブシンキングな義経をも唖然とさせた、鎌倉殿の仕打ち。
家臣すら呆然。納得してるのは北条父娘のみ。政子の笑みが怖いです、ええ今後を物語っていますね。
結局鎌倉幕府は初めから北条氏の力が強かったってことなんでしょうか。
しかし事が終われば相変わらず前向き思考な義経には、頭が下がると言うか呆れると言うか…。
もうずっと兄上ラブvvでいて下さい!

それにしても突然歌いだす義経の家来は何とかなりませんか。
あれですか、今年の大河は時々ミュージカル仕立てになるんですか?(笑)

はっ!福原と静に触れるのを忘れていました…。_| ̄|○
(やっぱり禿の五足は泣けるわー…)
コメント
この記事へのコメント
名参謀?政子…
今回の政子は突っ走っていましたね~。放火はダメだけど、当時正妻が妾の家を壊すのは、悪いことじゃなかったみたいですよ。浮気現場を目撃した政子に対しての義経の陳腐な慰め(?)は笑いました。亀の前はこれで故郷に帰ってしまいましたが、この夫婦、同じことこの後も繰り返しますから、お互い懲りてない…?

この時期は、北条さんより和田義盛とかのほうが力はあったと思うのですが、初っ端の挙兵から支えていたっていうのが北条の強みだったのでは?和田は目の上のタンコブってカンジの存在で、頼朝の死後、北条に滅ぼされますから…。

何かあると歌いだす義経家臣団、確かに何とかして欲しいですね…。

今のドラマの時点で、政子&頼朝の間には[大姫]という娘がいるのですが、ちょっとでいいから登場させて欲しいと願いながら毎週観ています。

2005/04/24(日) 22:15:07 | URL | ひろき #Bzf5g9qY[ 編集]
だんだん醒めてきたよぉ(鬱
こんばんは。身内が誰も大河の感想を聞いてくれないので、ついこの時間になるとトモカさんとこへ来てしまいます。
ていうか~ もう見るのやめようかな。静ちゃんの風情のなさ色気のなさって、どう?
亀ちゃんのほうが色っぽくてキレイじゃん。
義経と静とうつぼが邪魔な今年の大河。 ってついに言ってしまったぞ(笑)
2005/04/24(日) 23:07:40 | URL | 見たままに切り取る京都 #mQop/nM.[ 編集]
ほんとに・・・(^^;
歌う源氏おごるべからず・・・(^^;
なんだか山賊海賊チックなノリですよね・・・義経軍団(TT)
伊勢三郎がいるとはいえ・・・

こんばんは、tomokaさん(^^)
HPトップの夕暮れ風景、素敵でした!
夕焼けから夜に変わって行くあの濃紫の時間の空、好きなんですよvv
コンテスト入賞なんてすごいです(^^)
遅ればせながら、おめでとうございますv

大姫>義高と大姫。切ないエピソードですよね。少しでも、その前の幸せな時間が、大河でも垣間見えたらいいなぁーと思っております。
そういえば。芝居の話になりますが。
キャラメルボックスが「グットナイト将軍」という作品で巴を題材にした話を書いておりました。
凛々しくって素敵な巴御前でしたよvv
義仲もなかなかよいですv
これはきっと栄の芸術文●センターにおいてあるはず!(ローカルな・・・(^^;)
ご存知でないようでしたら、お時間のおありの時にでも、ぜひ(^^)

2005/04/25(月) 00:43:12 | URL | たまき #1K4jORXo[ 編集]
お返事~♪
>ひろきさん
へー。当時の正妻は強かったんですねぇ。ていうか正当性があったってこと?
でもってまた浮気するんですか、鎌倉殿は…(苦笑)

そうそう。和田義盛は北条に討たれてしまいますね、そう言えば!
習った筈なのに興味の無いことはすっきりきっぱり忘れちゃうんですね。
もっとちゃんと勉強すればよかった…。
でもって義高と大姫のことは全く知りませんでした。スミマセン…(←ダメダメ)
早速ネットでちょろっとお勉強しました。悲恋なのですねー。こういう話には滅法弱いです。

>sunaさん
うーん、静。確かに色気が無いです。
静御前て言うよりドラえもんのしずかちゃんかってくらいに色気がありませんね。(その例えはどうだろう)
義経も度を越したお人好しみたいですしー。
まあこれから源平合戦が始まりますし、平家の公達の凛々しい武者姿でも楽しみにしましょうよ。

>たまきさん
うはー。お祝いどうもありがとうございます。照れます…。

伊勢三郎の歌もどうかと思いますが、一人ヘンな喋りの駿河次郎もどうかと…(苦笑)
駿河弁ってあんなのかしら?(確かに「~だに」と言うのは遠州弁らしいですが)
ほほう。キャラメルは巴御前も題材にしてるんですかー。機会があれば見てみようと思います。
2005/04/25(月) 20:55:26 | URL | tomoka #CITilce.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
見終わった瞬間、思わずため息ついちゃいました。ふぅー(^。^;)フウ本日は政子さまのひとり舞台。鬼の形相、政子さまに翻弄される頼朝、義経。とくに、今日の義経カワイソすぎるー。(T^T)クゥーいきなり冒頭から、ストーカ政子さま登場。しずかといちゃついて
2005/04/24(日) 21:37:41 | ぱるぷんて海の家
今回はあれ?って思う所が幾つかありました。 まずは亀の前です。 「2度と逢われる
2005/04/24(日) 21:58:41 | こんなの誰も読んでねぇだろうから好き勝手に書くぜ!!
さて、今週は衆院補選が2個所もあり、またぞろニュース速報で邪魔が入るのではと心配しておりましたが、そのようなこともなく落ち着いて見られました。今回の主役は何と言っても「政子様七変化」に尽きるでしょうw木の陰から静と義経の恋路を思いっきり羨んでます。
2005/04/25(月) 13:07:41 | うたかたの夢
とりあえず政子が怖かった{{{{( ▽|||)}}}}亀の前に対しても静に対しても義経に対しても。でもこれって序の口なんだよね、確か。貴一頼朝今回もいい演技。頼朝と義経の絡みは本当に面白い。「九郎義経、馬を引け」しびれましたよ。このセリフ♪そしてひたすらポジテ
2005/04/25(月) 21:10:34 | 裏★猫蹴
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。