携帯写真と映像感想。気紛れ更新ご容赦願う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告│ トラックバック(-) コメント(-)
『義経』第12回 驕る平家
今日のツボは
巴に追いかけられる義仲
出家した小松の兄様
禿になってしまった五足
でした。

特に五足!似合わね――――!!!
借りてきた猫みたいにビクビクおどおどしてるし。
なんつーか、五足の魅力が半減どころか8割方消失って感じです。ぐすぐす。

巴ちゃん、ほんの少ししか出なくて残念でした。
馬でぐるぐる廻りながら箙から矢を抜いて投げるって、実は物凄く難しいことなんじゃないかと思います。小池栄子、随分練習したんじゃないかなぁ。(スタントマンじゃなかったですよね?(笑))
小沢征悦はやっぱりワイルドでカッコいい(*^^*)
カッコいいけど尻に敷かれてるんだ…。(苦笑)

宗盛って実は凄いコンプレックスの塊なんだなぁと思いました。
清盛は重盛を物凄く信頼していたけれど、宗盛にしてみればそれが面白くなかったんですね。「目の上の瘤」なんてあからさまに言ってるし。
重盛どころかその息子達にまで劣等感(嫉妬?)を抱いて。うーん大人気無い。
そしてあの有名な台詞に眉を顰める源頼政が来週とうとう反平家を掲げるわけですが、どーも「源頼政」というより「丹波哲郎」に見えて仕方が無いです。
役に染まらないというのはいいのか悪いのか…。

陰謀がぐるぐる渦巻き暗雲立ち込める京に比べて平泉の平和なこと。
運命の治承4年まで後少しらしいですが、一体今はいつなんだろう
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。TBさせてもらいました。
今回は重盛と清盛がかっこよかったです
2005/03/27(日) 21:50:35 | URL | あけみ #-[ 編集]
トラバありがとうございます。
重盛が亡くなってにやりと笑う法皇が怖かったです。
2005/03/28(月) 22:28:38 | URL | tomoka #CITilce.[ 編集]
あっはっは(笑)
こんばんは、tomokaさんv

見ました見ました、大河!!
そうそう、五足、似合わないですよねぇー(TT)
なんだかどうしても目が・・あの切りそろえられた前髪に、目がいってしまうぅぅぅー(TT)

巴御前と義仲も、期待できそうな出だしでしたよねーv
今後が楽しみになりましたよ(^^)
2005/03/29(火) 00:46:55 | URL | たまき #1K4jORXo[ 編集]
泣けました…(T-T)
五足のパツンパツンな前髪は正視できませんでしたよ。とほほ。

義経&静よりも義仲&巴の方が期待大ですよね。
小池栄子、意外に似合っていましたし。
脇が凄く充実していてタッキーが翳んでいるようないないような…(笑)
2005/03/29(火) 17:20:52 | URL | tomoka #CITilce.[ 編集]
初めまして
tomokaさま
初めまして、robinともうします。
tomokaさんも「義経」をご覧になっているとか。
私も時々ですが、観ています。でも今回の「驕る~」見損なってしまったので、tomokaさんのブログは参考になります。
又、お邪魔させていただくと思いますので、以後よろしくです。
ところで、来週は源頼政が反平家をおこすのですね!観なくては!(そういや、頼政って「鵺退治」をしたと言われる頼政なんですよね?)
2005/04/01(金) 09:32:04 | URL | robin #IY7bLZJE[ 編集]
初めましてー(^^)
robinさん、こんばんは。レスが非常に遅くなってすみませんー!

源頼政って鵺退治をした人なんですか?
その逸話は聞いた事があるような無いような…(聞いたけれど忘れているような気がします(苦笑))
頼政は宇治で呆気なく死んでしまいましたが、あの宇治の戦いもなんだかなー…(ーー;)って感じでした。
石橋山も富士川も描き方が物足りない印象だったのは、義経の戦ではなかったからなんでしょうかね。
2005/04/13(水) 23:42:48 | URL | tomoka #CITilce.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
すっごく楽しいです!『義経』!!次はとうとう以仁王の令旨ですか!楽しみすぎて来週が待てませんー。以下ネタバレ感想義仲初登場義仲が巴に追いかけられてるシーン楽しかった♪豪快な義仲最高です。大好きです。五足が清盛の耳役によかった。先週の予告で五足死んでしまう
2005/03/27(日) 21:51:54 | 裏★猫蹴
タイトルが「驕る平家」だもんね。ここで出なくて、いつ出るのよってわけで、出ますー、出ますよ、お嬢さん(^-^)>誰に呼びかけてるんだ。■政子といい勝負の巴御前姪っ子の旦那とできちゃってるという割には、あたしというものがありながら状態。ある意味、かっこいいな、巴
2005/03/27(日) 21:57:04 | 日曜8時の男に逢いたくて
もういっそのことタイトルを「平家物語」にした方が良かったのでは?な大河ドラマ義経第12回「驕る平家」でした。ついに小松殿が亡くなられてしまいました。ちょうど全49回のうちの4分の一が終わり区切りの回となりましたね~。実際の小松殿については私は勉強不足でどうい
2005/03/27(日) 22:43:38 | Anochecerblog
木曽義仲と巴御前、お初です。何か唐突という感じもしないではないが、おにぎやかに登場。巴御前は武芸に優れた女性と云われてるからかどうかさっそうと馬で義仲を追いかけ回す。これからもあの二人はコミカルな描かれ方をするのだろうか。巴御前の凛々しいお姿
2005/03/28(月) 15:37:09 | ぱるぷんて海の家Blog
 この「義経」のレビューは、長丁場だし毎回大きく動くこともないからマイペースに淡々と書き連ねていこうと思う。今回は「恐怖政治」を行う平家、義経と木曽義仲との出会いなど...一番の見所は清盛&重盛の会話かな。渡さんも勝村さんも凄い!五足も再登場! 義経も年
2005/03/29(火) 01:04:50 | 気ままなNotes...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。