携帯写真と映像感想。気紛れ更新ご容赦願う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告│ トラックバック(-) コメント(-)
『義経』第11回 嵐の前夜
えーと。何しに平泉に来たんですか?<うつぼ
家礼になりたかったの?(当時は家来ではなく家礼と書いたんですねぇ。そして家人と家礼は違うんですねぇ。勉強になりますねぇ。)
庭で薪割をする御曹司がなんか…(苦笑)
そう言えば畑仕事もしていたっけ…(苦笑)

京の都に比べて関東と平泉の地味なこと!
まあなんつーか、当たり前っちゃ当たり前なんですが。
男女比率が違い過ぎるんで、色的にも、ねぇ。平家の女衆は艶やかですから。
さりげなーく鹿ケ谷の陰謀とか泥塔とか出てきて面白かったです。
が、法皇が清盛に対して嫌悪を抱いていくくだりが省略されているので「なんで急に平家打倒の陰謀に法皇が加わるん?」と感じてしまうような、そうでないような。(あ、私が3週間見逃している所為なのか…)
小松の兄様は宣言したとおり鬼になっちゃって、父上様にご意見してますし。
ご意見ていうか脅迫…?

それにしても清盛の、法皇を見る目が怖いです。
そして清盛を排除したいと願いながらも恐れている法皇が憐れ…。
ご機嫌取りに泥塔作っちゃう辺り、いとあはれ…。(苦笑)

来週は小池栄子@巴御前が楽しみかな。
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
はじめまして。
リニューアル、おめでとうございます。
いつも「義経」の感想、楽しく読まさせていただいてます。法皇は、急に「反平家」になっていましたね。私は小松殿が好きなのですが、来週はとうとう…哀しいです。
今回のお話の一番の収獲はうつぼが京に帰ったことでしょうか。正直、うつぼと静御前はもう登場しなくていいと思っています(笑)予告を見て、巴御前がすごく楽しみになりました。
これからも更新、楽しみにしています。
2005/03/24(木) 01:22:19 | URL | ひろき #Bzf5g9qY[ 編集]
初めましてー(^^)
『義経』の感想、いつも下らない内容で恥ずかしいです…。これからもうちょっと考えて書きます。

小松の兄様は人気があるみたいですねー。
どこが、とは言えないのですが、なんかいいですよね。
来週でお別れだなんて寂しいです。
今後は知盛と重盛に頑張ってもらいたいものですね。
女性陣は私も静やうつぼより政子や巴が楽しみです(^^)

宜しければまたいらして下さいね。お待ちしています。
2005/03/24(木) 16:04:00 | URL | tomoka #CITilce.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
冒頭から家人と家礼との違いを説明してましたね。 家来と漢字が違うのは当時のシステ
2005/03/20(日) 22:23:48 | こんなの誰も読んでねぇだろうから好き勝手に書くぜ!!
一人で大きく出る名前♪(^-^)>あたしの中では他の人の名前より大きめに脳内変換。どんどこ、どんどこ。■無謀ではあったが見事誠実さと大胆さと細心さ。まずは行動してから形にしてみせるという姿勢が買いです、義経殿。これはもう、さすがは源氏の御曹司としか言いようがな
2005/03/20(日) 22:26:18 | 日曜8時の男に逢いたくて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。