携帯写真と映像感想。気紛れ更新ご容赦願う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告│ トラックバック(-) コメント(-)
『ゴールデンスランバー』
公開当時見たいと思っていたのですが、結局レンタルDVDで。
昨今巷間の話題を掻っ攫っている某地検の事件もあって、現実にあってもおかしくないなぁという印象でした。
まあ国家が冤罪をでっち上げるっていうのはやり過ぎな感もありますが、でもこんな事件が起こらないとは言えない。なんとも恐ろしい社会です現代社会。
最終的に真犯人は謀殺され事の真相は闇の中、主人公は姿と名を替えて生きていくというある意味泣き寝入り、真犯人とか黒幕とか謎のラジコンヘリの女とかは観客が想像しなければならない、いろんな意味で物足りないというか、白黒はっきりさせて欲しい人間にとっては不満が残るところが多かったかも。
登場人物はみんな魅力的で面白かった分、ストーリー的になぁ…。でもああいう終わり方も有りなのか。
逃走する主人公を助ける人たちはみんな主人公と接触しているのだけど、唯一元カノだけが彼に知られること無く重要な場面でサポートしているってところが切なかった。
でも最後がなぁ…!最後のあれでわかったんだったら嬉しい。

堺さんの演技はやっぱりよかった!そして香川さん、伊東さんはさすが、永島さんは怖かった…!(ひー!)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。