携帯写真と映像感想。気紛れ更新ご容赦願う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告│ トラックバック(-) コメント(-)
『孝明天皇と一会桑』
家近良樹著 文春文庫。

大まかに言ってしまうと
『幕末明治維新時における所謂「賊軍・敗者」とされる佐幕勢力の中で、政治勢力としてよりは実働部隊と目されるであろう会津藩と桑名藩と、最後の将軍徳川慶喜、及び彼らの絶大なる庇護者としての孝明天皇にスポットを当てた、幕末・維新史の新視点。』
だと思う…。(『だと思う』って…)
殆ど理解できてないんです…。_| ̄|○
だって難しいんだもん!
3度も読んだのに全然頭に入らないんだもん!(←威張って言うことか)
何となく解ったのは
1、孝明天皇は物凄く手紙が好きで、物凄く自己主張をする天皇だった
2、その上孝明天皇は何故か会津に御執心だった
3、会津藩は薩長、薩長側の公家及び京阪の民衆から物凄く敵視されていた
4、おまけに一会桑は江戸の幕閣からも疎まれ、嫌がらせなんかも受けていた(大人気ない…)
5、維新時における『武力討幕』は最終段階で決議されたもので、元々薩長に「幕府を倒す」という藩是は無く、薩長同盟がなった当初から鳥羽伏見直前までの想定敵国は寧ろ会津・桑名だった
ことくらい?(←誰に訊いてる)

今の教科書はどうだか知りませんが私が学校で教えてもらった幕末維新史ってのは、教科書半ページほど、戊辰戦争、奥羽越列藩同盟に至ってはたった1行だったと思います。
大政奉還から明治維新に至る幕末史は薩長主導の英雄的革命のように捉えられているのですが、それは薩長が武力を背景に確たる自信を持って望んだ結果ではなく、まさに薄氷を踏むように恐る恐る踏み出した結果だったのだという家近氏の論評には頷かされました。
だけど、如何せん理解力が絶望的に低下しているので、時系列で年表なんかにしてもらわないとあっちとこっちで同時に起こっていることが、同じ時空で把握できません。もうあきませんわー…。

此処のところ通勤電車で読んでいる本があまりに同じジャンルばかりなので(『孝明天皇と一会桑』、『新選組と会津藩』、『会津藩は何故朝敵か』、『幕臣たちの誤算』…)もう、何がなにやら。
ちょっと毛色の変わったのを探して来ようと思う今日この頃。
コメント
この記事へのコメント
江戸幕末史
初めて失礼します。(しのぶ38歳)幕末史ってややこしいですね。まず水戸や長州の志士が目に付くけど、薩摩は途中でずーずーしく幕府を見捨てるし。でも最近は、当時の政府たる幕府がいかに苦心したかという点が注目されてるような。中公新書の「王政復古」井上勲、お勧めです。
2005/02/16(水) 22:57:50 | URL | しのぶ #-[ 編集]
難解ですよねぇ。幕末史
しのぶさん、初めまして。コメントありがとうございます。
そうですよね!薩摩、図々しいですよね!
あの変わり身の速さは何?って凄い憤慨しているのです。(←何故アンタが…(苦笑))
だから慶喜が生涯薩摩が嫌いだったのはわかるのですが、会津は裏切られた薩摩より長州の方が嫌いなのは何ででしょうねぇ。(苦笑)
お薦め本の紹介もありがとうございます。早速探してみます。
2005/02/17(木) 18:01:00 | URL | tomoka #CITilce.[ 編集]
ごめんなさい
ごめんなさい。家近先生の「一会桑」、読んではいないのですが、
多分対象としては井上先生の
「王政復古」とかぶる点が多いかも。(読み比べたいと思いつつ、なかなか・・・」
2005/02/21(月) 21:13:26 | URL | しのぶ #-[ 編集]
いえいえ。
ご心配には及びません。
既に内容が被ったものばかり読んでいて、読み比べるどころか何がなにやら解らなくなってますから~(笑)
2005/02/21(月) 22:16:36 | URL | tomoka #CITilce.[ 編集]
はじめまして。
検索してたらこの本について書かれてるのを見つけたので、TBさせていただきました。かなり以前の記事にすみませんm(_ _)m

薩摩の図太さには、ほんと驚かされますよね~。お国柄とかと関係してるのかしらん…?彼らに比べたら、やり方のストレートな長州がかわいく思えてきます(笑)
でも好き嫌いは別として、西郷と大久保は真の意味で大物政治家だったんだなとこの本を読んで感じました。
2006/01/30(月) 12:23:55 | URL | gungnir25 #PoWRB6fw[ 編集]
コメント&トラバありがとうございます。
初めまして、かな?
実はブログは時々こっそり拝見しているので、初めてのようなそうでないような…。(^^ゞ

薩摩のお国柄って私のイメージではのんびりしているけれど、見極めたら方向転換が早いという感じです。
長州はちょっと暴走気味な猪突猛進型?(笑)
2006/02/01(水) 06:45:28 | URL | tomoka #CITilce.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
幕末に少しでも興味のある方ならば、「薩長同盟」あるいは「薩長連合」という用語はご
2005/08/21(日) 17:51:19 | つばめ飛ぶ 餌を取りては 子のもとへ
孝明天皇と「一会桑」- 幕末・維新の新視点家近 良樹 文藝春秋 2002-01売り上げランキング : 135,354Amazonで詳しく見る by G-Tools薩長二大雄藩が土佐の坂本龍馬の仲介で同盟を結び、武力倒幕に
2006/01/30(月) 12:12:59 | *Cafe Japanesque*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。