携帯写真と映像感想。気紛れ更新ご容赦願う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告│ トラックバック(-) コメント(-)
『たそがれ清兵衛』
あのままともえさんが会津の家中に嫁行りしていたら、清兵衛だけでなくともえさんもかのちゃんもいとちゃんも戊辰戦争で死んでいただろう、なお話。(違)

時代劇映画の地上波放送って見難いんですよねぇ。画面が暗いから明るい部屋で見ると真っ黒黒すけなわけ。
結局清兵衛が討ち取った武士が誰だったのか解りませんでした。orz

それにしても宮沢りえはかわいいなぁ。
いくつになってもあの人は可愛い女性だと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
たそがれ清兵衛、見ました。これは山田洋次監督で真田広之・宮沢りえなどが出ている時代劇で幕末の小藩が舞台なわけです。幕末といっても、複雑な勤王・佐幕などは関係なく、実に単純明快で分かりやすく、恋あり決闘ありで、何よりリアリティがあります。(たそがれ清兵衛の
2006/12/23(土) 21:18:11 | 一言居士!スペードのAの放埓手記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。