携帯写真と映像感想。気紛れ更新ご容赦願う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告│ トラックバック(-) コメント(-)
『功名が辻』第42話 ガラシャの魂
あらあら。随分久し振りな感想です。ちゃんと観てはいたんですけどね。

ここの所ずっと家康のタヌキ振りが鼻についてヤでした。郷土の偉人ながら本当に「ムカツク」ヤツです、家康。
秀吉の壊れっぷりも凄かったけど。

で、今日は山内夫妻と細川夫妻の違いが切なかったです。
愛する妻を守るために掛川から大阪へ弟を遣る一豊と、屋敷に幽閉し自害をさせる忠興。
ガラシャの死はキリシタンの悲劇と家を守ったという美談になっているけど、本当は夫の甲斐性が無かっただけみたいに思えますな。(笑)

ここ数回、すっかり山内家の忍のような六平太、もういい加減山内家に仕官したらいいのに。
そして玉木君のあの声は時代劇では全然違和感がないなぁ(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。