携帯写真と映像感想。気紛れ更新ご容赦願う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告│ トラックバック(-) コメント(-)
『功名が辻』第38話 関白切腹
前半で関白秀次の切腹、後半では拾との別れを描いていましたが、山内家的には拾との別れの方が重いような気がするのですが。
いっそのこと『別離』とか『別れ』のような、抽象的なタイトルの方がいいんじゃないかと思うんですけどね。
ま、それはいいとして。

秀次が伏見へ向うと決めた直後の泣きそうな笑顔がとっても痛かったです。
死を覚悟で太閤に意見した秀次は今までで一番立派でした。

そして自分が捨て子と知っていて「捨て子だから武士にはなれないのか」と千代に問うた拾も。賢くていい子なのに。だから余計に痛くて切ない。
出家させられると知ったときも「父上の命令なら寺へ行きます。でなければいやです」なんて泣かせるじゃんかー!(T-T)
秀次にしても拾にしても大人の都合(当時はそれが常識だったのかもしれないけれど)に巻き込まれて、自分の本意でない生き方をさせられてしまった犠牲者なんでしょう。
秀次は切腹させられてしまったけれど、拾はこれから俗世から離れて静かに生きていけるから、幸せなのかもしれないなと。
暫く後にはいいこともあるし。ね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。