携帯写真と映像感想。気紛れ更新ご容赦願う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告│ トラックバック(-) コメント(-)
『功名が辻』第29話 家康恐るべし
賤ヶ岳の後はすっかり狸と猿の化かし合いの様相。
小牧長久手の戦で、犬山城の秀吉が小牧の家康に向って"お尻ぺんぺん"してましたが、いくらなんでも見えるわけないだろうって…。

信雄にしても秀次にしても若気の至りというか勘違いも甚だしいというか、扱いに苦労する存在に描かれていますね。信勝は兎も角、秀次はちょっと可哀想。成宮寛貴だし。
あと余りに時勢の読めない一豊がかなり可哀想。世渡り下手にも程がある。千代の賢さが嫌味に映りますヨ…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。