携帯写真と映像感想。気紛れ更新ご容赦願う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告│ トラックバック(-) コメント(-)
『功名が辻』第21話 開運の馬
すっかり週一大河感想ブログになってしまった今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。(だって写真撮っても見る時間もないしー。ぐっすん)

黄金10両の馬、今ならどのくらいなのかなーと家人に「1000万くらい?」と訊いてみたら「アホ言うな」と馬鹿にされました。
「血統のいいヤツなら億単位だぞ」ですって!?
ひえー。そうなんだ!馬ってそんな高いんだ!ってサラブレッドの話でしょ、それ。

いくら嫁入りの持参金だって言っても、10年近く経ってから大金出されたら、気分害してしまうのはしょうがないと思うんですよね。
だから一豊が小賢しい女だって怒ったのも解るんですが。
そしたら泣き落としかよ。これこそ小賢しい気がするのは私だけですか…?
なんか、こう、内助の功って言うよりどんどん嫌味な女になってく気がするんですが。

どうやら再来週あたりで本能寺の変のようですが、今回のコンセプトは「濃姫救出作戦」なのかしらん。
他のドラマでは大抵「強くて信長を陰で支える」という印象が強い濃ですが、今回は「信長に着いて行けない」濃姫なんですね。
次回で濃の信長に対する思いがどう変わっているのかを確認したいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。