携帯写真と映像感想。気紛れ更新ご容赦願う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告│ トラックバック(-) コメント(-)
『海を渡った幻の会津国』
会津ふしぎ発見。(笑)
はぁー。勉強不足でした。
戊辰戦争直後にカリフォルニアへ渡った会津人がいたのは知りませんでした。
おけいちゃんもシュネルの世話をしていたということぐらいしか知らなかったので、勉強になりました。
若松コロニーから離散した会津の人たちが、その後何処でどのように生きたのかと考えると哀しいですねぇ。おけいのお墓も物悲しかったですしねぇ。

ていうか、容保が出てくると思わなかったので意識が全部そっちに持っていかれてしまいまして(笑)。"一人の若い侍"ってナレーションで改めて「ああ、まだ32、3だったんだわ、そう言えば」と容保の若さを思い知ったりして。
大坂城で慶喜が外国人公使を集めて一説ぶった(笑)時に2人は運命の出会いをしたわけですね!
脇差と苗字を頂いちゃう仲ですから(←かなり勘違い)、容保のシュネルに対する信頼度はかなりのものだったわけで。
時々映画調になる演出がかなりいかしてるなー、なんて思って見ておりましたが「殿をお迎えにあがります」なんてシュネルが容保に言ったのならもう涙モノじゃないですか。
不覚にもちょっとほろりとしたりしてしまいました。
そしてラストクエスチョンにもなった、シュネル商会販売の牛乳。容保も飲んだのかしらん…(←牛乳嫌いだから体力がつくと言われようが飲まなかっただろうなぁ(笑))
でも一言言わせて貰えば。
「奥羽越列藩同盟を結成したのは会津藩じゃないですからー!残念!!」

エントリーをアップして吃驚。
信じられないほどカウンターが廻ってる!番組の影響かそれともカウンターが壊れたか…(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。