携帯写真と映像感想。気紛れ更新ご容赦願う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告│ トラックバック(-) コメント(-)
『機動戦士ZガンダムⅢ 星の鼓動は愛』
サブタイトル負けしてる気が…。
正直どの辺りが「星の鼓動は愛」だったのかよく解らんよ…。

映画版Zガンダム、完結です。
ファーストは映画から先に見たせいかあまり違和感がなかったように記憶しているのですが、こっち(Z)は参りました。
全然話が解んないよ!
やっぱりバンダイチャンネルで予習しておくべきでした…。

以下妙に長い(笑)ネタバレ感想。
やっぱり描き下ろした作画は綺麗でTV版とのギャップが有り過ぎたのですが、三回目ともなるともーいいやって諦めもついてました。(笑)
全体としてはMS戦ばかりでストーリーがぺらい印象が拭えません。
はっきり言ってストーリーが繋 が り ま せ ん ! !
カットにカットを重ねたお蔭で宇宙での戦闘シーンを中心に話を運ばなければならなくなったのは解りますが。
大画面で動くモビルスーツは確かに大迫力でカッコいいのですけど…。
爆煙と閃光の中から出てくるZはメッチャカッコいいのですけど…。
でもそれだけじゃないでしょー!と思ってしまうのは我儘ですか…?

Ⅱでダカールでのシャアの演説が省かれた所為でシャアがエゥーゴの指導者になったと言う事実が曖昧になってる上、三つ巴どころか四つ巴の戦いになっていてもう何がなにやら。
ダカールは必要でしょ!?ト○ノさん!
最も重要(だと思われる)な人の革新=ニュータイプへの覚醒については何も描かれず、ただ「人の革新が重要」と口で言うばかりで、なんか知らないけどカミーユが急にオーラ背負うようになっちゃったり。
「カミーユお兄ちゃん」が省かれた所為でカミーユVSシロッコの最終局面でロザミアがカミーユに味方するのに物凄く違和感があったり。
シロッコの最期はTV版の作画だったので「ああああ、(「貴様の心も連れて行く」って)言うの?言っちゃうの――――?!」と半ばドキドキしてましたが。
そんなドキドキもあって、シロッコの最期は出来れば描き下ろして欲しかった。ヘンケン艦長の最期も。怖いんだもん。
欲を言えば
シロッコ「賢しいだけの子供が!」
カミーユ「賢しくて悪いか!」(TVでは「賢くて悪いか」)
は変えないで欲しかった、な。
「賢(さか)しい」も「賢(かしこ)い」も同じ意味だけど「賢しい」は「小賢しい」に繋がることもあって蔑んでいるように取れるので、ね。

「誰も知らないラスト」は予想の範囲内でしたが、なんか中途半端でした。
ZZに繋げないならいっそのことシャアはハマーンを、カミーユはヤザンも倒すべきだったんじゃないかと。
「ハッピーエンド」という割にはTV版で亡くなった人たちは洩れなく亡くなったっちゃったし。サラとカツは割りとどうでもいいんですが(こら)、エマとヘンケン艦長は生きていてくれると嬉しかったのに。
あれだけの犠牲を強いたにも拘らずエゥーゴは当初の勢力の敵であるティターンズは倒しただけで、アクシズという敵が残ってしまったのですから「この後続くの?」と思ってしまいます。
も、もしや「新訳ZZ」とか、あったら…。あったらどうしよう!!!!

最後にファーストのクルーたちを入れたのはサービスだったんだと思うのですが、セイラさんがあそこで申し訳程度に出てくるのはどうなんでしょう?井上さんの声をわざわざライブラリから引っ張ってきたというのも、ね。
ダカールのシャアの演説を聞いているシーンだからこそ意味があったように思うのですけどね…。
個人的にはカイがセイラにインタビューするって設定がツボでしたが。
カイ好きだもん。えへ。


Ⅰから一貫していたのは「健やかなカミーユ」。
屈折してない、トラウマも極力減らされていて、カツに説教するにも筋が通ったモノの言い方してました。
フォウの死を直接見ていなかったり(キリマンジャロのシーンがカット)、ロザミアとの接触がなかったりして、女性の間(エマ、レコア、ファ)をフラフラするどーしようもないオトコじゃなかったのもよかったと思います。(笑)
沢山の女性に支えられてはいたけれど、結局カミーユにとって一番支えになったのは生き残ったファだったのかな、と。地球から戻ったときも迎えてくれたのはファだったし。
TVではいつもキャンキャン喧嘩していた印象があるのですが、2人とも精神的に落ち着いていてよかったです。
個人的には幼馴染カップル好きですし、高校生健全カップルは見ていて安心出来ました。フォウとの恋は悲恋なので見ていて痛々しい。や、フォウも好きなんですけど。
最後無邪気にイチャつく(笑)2人を中継するサエグサ、はしゃぎ過ぎ。
艦長キレそうになって他の艦隊に指示出してるのに。何処までも苦労人なブライト艦長。(笑)

映画用に描き下ろしたシーンではブリーフィングルームでパイロットたちが疲れた顔して待機(居眠りもあり)してるところとか、休憩室でケーキ食べてるところがお気に入り。
ヘンケン艦長甘党なのね。シャアも「私の分は?」ってさり気なく要求していて笑えました。「ををー。ケーキ食うんだ!」みたいな。
このケーキがまた不味そうなんですけどねー。(笑)
新たな台詞ではグワダンで囚われた際、脱出を試みてシャアがカミーユを殴った後「…痛かった」とつい本音を漏らすカミーユに思わずくすり。
あとコロニーレーザー内でシャアが呟いた「どうする?シャア」。他人事かよ!(笑)

今回妙に目立っていた人はシロッコとハマーンとヤザン。
特にヤザンはもー笑えるほどにキャラが立ち過ぎていて他を食っていたように思いました。
サラとレコアも割と印象的に描かれていました。シロッコへの感情の表し方が極端で。
ジュピトリス潜入が省かれた所為でレコアがシロッコに惹かれた訳が解り辛いのです。「主義者ではない」と言いつつも寝返ってまでシロッコの元に走ったその理由付けが出来ない。クワトロに相手にされないからシロッコに走ったにしてはシロッコを覚めた目で見てる気がしますし。
その点サラは盲目的にシロッコを愛(崇拝?)していて、レコアに対抗意識を燃やしている。その対比が面白いなと。
逆に影が薄かったのはジェリド。マジで「あ、まだいたのね」って感じ。


で、最後。エンドロールで壊れた百式が流れてゆくのを必死で探したのですが。
い ま せ ん で し た!!!
シャアは死んじゃったんですか?
アーガマのクルーもカミーユとファだけじゃなくシャアの心配もしてくれ、と思ったのは私だけではあるまい。
あとEDの曲、合ってないデスヨ…。(苦笑)
コメント
この記事へのコメント
新訳ZZ 反対派!!(笑)
アムロも登場した意味がなかったですよね(-_-;)
女とイチャこいてただけ?(笑)

TV版で「だっさー」と思っていたジ・Oが結構かっこよく見えました。やはり新しい映像の部分はよかったですよね。(Zの変形するシーンとか)

ものすごく消化不良な結果になりましたが、新訳ZZは反対です!!
私はZZが一番好きなので、あの作品が今回みたいに摩訶不思議な作品にされるのはいやだなあと…。

EDは第1部が好きでした。


しかし、ジェリドは可哀相でしたね…(笑)新型で登場しても返り討ちに合い、いいところなしでした…。
2006/03/22(水) 20:46:17 | URL | ひろき #-[ 編集]
おまけ…
最後に存在を忘れられてしまったシャア…だから、逆襲のシャアでコロニー落としなんてとんでもないこと考えたのでしょうか…(笑)
2006/03/23(木) 01:20:42 | URL | ひろき #-[ 編集]
>女とイチャこいてただけ?
ぷ。確かに。
でもキッカの「カツお兄ちゃんは元気かなぁ」にはちと切なくなりました。

新作画のMSは本当にカッコよかったですよね。
金属のてかり具合とかMAからMSへの変形シーンとか。
ジ・Oは昔密かに「カエル」と呼んでました。(笑)
そしてボリノーク・サマーンは「森の奥様」、ハンブラビは「イカデビル」(笑)

そう言えばサラの声、変わっていましたよね。
違和感がなかったので全然気付かなかったんですが、エンドロールで「そう言えば棒読みじゃなかったよ!」と気付きました。
やはりあの棒読みは腹に据えかねたのかしら…?(笑)

2006/03/24(金) 22:33:42 | URL | tomoka #CITilce.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。