携帯写真と映像感想。気紛れ更新ご容赦願う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告│ トラックバック(-) コメント(-)
『風光る』19巻
随分前に刊行されてるの知らなかった…。_| ̄|○

漫画ですが新選組物なのでとりあえず歴史カテゴリに。
今までは特に触れませんでしたが、19巻ではそれまであまり出張ることがなかった殿がよく出ていらっしゃるので突っ込まずにはいられません。(笑)
そしてそして、なんと言っても……


モッチー&一会キタ―――――!!!
ですから!(笑)
モッチー(=徳川家茂)「癒し系将軍」とか。(笑)
慶喜の愚痴を聞いてあげる殿とか。
何気に「殿と慶喜は茶飲み友達だったのか!(笑)」とか。
やっと本領発揮(=病弱)な殿とか。(笑)

ああ、惜しむらくは一会桑じゃないってことでしょうか。
サダーキ(京都所司代桑名藩主松平定敬。殿の実弟)、出番ないのかな…。しょぼん。

浮之介=慶喜ってのは彼が「肥後や大樹公」と言った時点で「将軍より下で殿より上」ってことで解っちゃったんですが。
結構はっちゃけキャラなので、大河で言えば「組!」の今井慶喜よりも「徳川慶喜」の本木慶喜(=モックン)がもう少し若い頃に演ってたらこうなるかな、みたいな。(またビミョーな例えだこと)
お芳は清水美砂のイメージでした。うむ。

モッチー薨去の際にはがっくり肩を落とした慶喜を殿が慰める、って構図が見られそうなキャラだなぁと思ったのでした。
で、将軍就任後は殿を振り回してくれるんでしょうねぇ。
楽しみです。ふっふっふ。(←?)

しかし慶応元年てことはやっと折り返し地点を過ぎたくらいだから、あと同じくらいは刊行されるわけ…?どひー。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。