携帯写真と映像感想。気紛れ更新ご容赦願う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告│ トラックバック(-) コメント(-)
『STAR WARS EPISODEⅢ シスの復讐』
見たの1週間前なんですけど。(苦笑)
ネタバレ含みますので各自の判断でお読み下さい。

あ、全然映画に関係ない話ですが、本館で蓮と花火の写真をアップしたので、お時間ありましたらあちらにもお運び頂けると小躍りします。(私が)

毎度のことながらナレーションで話を進めておくのはやめちくり。『義経』と同じ手法か!(笑)
「いつの間にパルパティーンが誘拐されたの!?」と観客は呆然としたはずです。
少なくとも私はしましたよ。必死でEPIⅡの最後を思い出していましたよ。

でもまあ、相変わらずオビ・ワンは単独行動してカッコいいし(ユアン・マクレガーの名前が最初に出てくるのも納得だわ)、パドメのプライベートなときの髪型や衣装が可愛かったし、チューバッカ(動物(?)好き)も出てきたので許そう。(←偉そう(笑))

ツッコミどころとしては、オビ・ワンはジェネラルなのに戦闘機に乗って前線に出るんですか!とか、相変わらず「飛ぶのは苦手」なんですか!とか、いろいろあったんですが、何が一番ツッコミたかったかって
アナキン、あっさりダークサイドに堕ち過ぎ!
マスター・ウィンドゥはEPISODEⅣ以降出てこなかったから多分死んじゃうんだろうなとは思っていましたが、アナキンの所為で死んじゃったのねー!(T-T)
でもってパルパティーンをシスの暗黒卿と突き止めていながら「お前が黙っていれば解らない」って言われてあっさりダークサイドに落ちるなんて、納得がいか――――ん!
ダース・ベイダーの誕生は余りにも理不尽且つ理解不能な力技でした…。とほほ。

アナキンとオビ・ワンの対決はもうドキドキしっぱなしで、まさに手に汗握る緊張感に溢れておりましたが、最後があんまりにも呆気なくって「ええええ?オビ・ワン非情!!!!」と更に突っ込みたかったのですが、あれはアレでアレなのか…(←歳をとると指示語での会話が増えます(笑))とオビ・ワンの心情を思ってちょっとしんみりしてしまいました。
うーん、なんというかね、「『選ばれし者』だったのに!」という叫びに凝縮されていたように思います。
信頼と友情を築いたと思っていたパダワンに裏切られたのだものね。
とどめを刺さなかったのはもう助からないだろうという思いだったのか、ダークサイドに堕ちたことを後悔して苦痛に耐えろという思いだったのか。
あそこでとどめを刺さなかったせいで、後々大変なことになるんですがね…(苦笑)。そこがオビ・ワンの甘さだったのか。

なんにしても、生命維持装置を付けて復活したダース・ベイダーがパドメの死を知って呻るシーンはかなり遣る瀬無かったです。
ダース・シディアスはパドメが死んだことを本当に知っていたのか、それとも感覚として感じていたのか。もし感じていたのだとしたら、やっぱりアナキンよりも強い力を持った人なんだなぁと妙なところで納得していたり。

これでダース・ベイダー物語(?)が完結したので、EPISODEⅢのビデオが出たらⅠ~Ⅵまで通して見るってのも楽しいかも。挫折すること請け合いですが。(苦笑)
コメント
この記事へのコメント
映画がらみで…
「Zガンダム」のサイトを見てきたのですが、フォウの声、島津さんじゃないみたいです。
予告を見たのですが、別に悪くはないのですが、やっぱりちょっぴり違和感を感じました。
今回のお話はどこまで進むのでしょうね(^.^)
2005/08/10(水) 23:25:32 | URL | ひろき #-[ 編集]
早速私も見てきました。
ゆかなさんといえば記憶違いでなければ『犬夜叉』の神無役だったような。
なんか可愛らしい声だったような。
ハヤトやファも代わっていましたし、2部ではサラも水谷優子さんから代わっていましたね。
そんなところで20年という刻の流れを感じてしまいました。

予想としてはフォウの死までかなと思いますが、ちょっと進み過ぎでしょうかね?

2005/08/11(木) 14:44:51 | URL | tomoka #CITilce.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。