携帯写真と映像感想。気紛れ更新ご容赦願う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告│ トラックバック(-) コメント(-)
『義経』第22回 宿命の上洛
今日は源氏よりも平家にスポットが当てられていて面白くもあり切なくもあった回でした。
特に時子さんと宗盛。
時子は清盛亡き後の平家の精神的な支えになっていたんですねぇ。おおらかで物静かだけど、ここぞというときには決断力と判断力がある人、って感じ。松坂慶子さん、ステキですし。
ただ西国落ちするに当たって「このままでは(頼朝の首を墓前に供えろという)父上の遺言が守れません」と重衡に言われたときには、流石の時子さんも「あちゃー…」って感じだったでしょうね。
もうここまできたら毒を食らわば皿まで(←例えが間違ってない?)って腹括ってしまったのはやはり流石時子さんでした。

で。宗盛は今週も馬鹿っ振りを披露してくれて、なんだかもう時子も知盛も重衡も打つ手無しって感じです。屏風にまで馬鹿にされてねぇ。(笑)
平家代々受け継がれてきた鎧を重盛から取り上げたのは、何のことは無い息子に着せたかったからだけなんて、余りにも宗盛らしくて苦笑しちゃいました。
あれも院に「平家の跡取りはお前なのに」と言われたのがきっかけと言えばきっかけなのかもしれませんが。
あの台詞は暗に「平家の跡取りはお前なのだからお前が先頭に立って行け」と言っているのかと思ったのですが、「皆に押し切られて…」という宗盛の台詞を受けて「跡取りなのだからしっかりしろ、意見を押し通せ」と言ったのでしょうね、多分。
あの時の丹後局、高飛車でイヤミでなく珍しくストレートに宗盛を批判してまして、なかなか良かったです。
あの(サッカーの)中沢みたいなボンバーヘッド(笑)は夏木さんご自身の提案なんだとか。丹後局の個性的なキャラが際立っていて面白いですよね~。

そして平家きっての武門の人知盛はやはりカッコよいです~(*^^*)
組織では上が阿呆な場合は下が育つのが常ですが、長男が阿呆な分やっぱり次男三男が頑張らないとねぇ。
それにしても今日も戦のシーンはありませんでした…。
「戦に赴かれました。ところが…」って語りの後に汚れた格好の武将を映して『戦してきましたー』って見せるのは如何なものかと…。(苦笑)
まあN○Kも受信料収入の落ち込みで予算が削られているのでしょうね。
ふっ。ヤだなー。大人の世界って。

あ、なーんか淋しいと思ったら義高大姫がいなかったんだわ。
そして鎌倉夫妻がいなかったからちょっと心安らかでした。
や、嫌いとかじゃなくて、政子さんが出ると次は何を画策するんだろうってドキドキしちゃうのですよ。(苦笑)


あれ?義経の感想は………。てへ。
コメント
この記事へのコメント
ウジウジうるさ~い!
今週の義経くんに対するコメントはこの一言につきますね。

平家方…知盛さん&重衡さん、カッコいいですよね。この二人のどちらかが当主だったら、周りの人も安心して付き従ったんでしょうね。今週は(いつもか…)、宗盛に対して「じゃあ、自分が総大将で出陣すればいいじゃんっ」って突っ込んでいました。
しかし、こんな緊迫した状況で、鎧を着てキャッキャッとはしゃげる宗盛親子はすごいな~と思いました。

丹後局は迫力ありますよね~。あれじゃあ、政子ちゃんも敵いませんね…。

翁やお徳の存在って、よく判らないのですが…。


心の清涼剤、義高&大姫が登場しないと寂しいですよね~。


話はかわりますが、「Zガンダム」観てきました。凄く懐かしかったです。10月に第2部が公開で、フォウが登場するので楽しみです。
2005/06/06(月) 00:40:49 | URL | ひろき #-[ 編集]
義経についてはノーコメントの方向で。(笑)
今回はいつもに増して義経の影が薄かったように思いました。うーん、主役なのになぁ…。
知盛重衡兄弟はカッコいいですよねぇ~(*^^*)
惟盛資盛兄弟も叔父二人には負けるけどなかなかよいです。
そして朱雀の翁やお徳の存在は私にも謎です。京の市井の人々の代表にしては胡散臭すぎるし…。

Z、観られたんですね~。いいなぁ。私も早く観に行きたいー!
第2部があるのですか!?わー、楽しみがまた増えました~♪
2005/06/06(月) 20:57:37 | URL | tomoka #CITilce.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。