携帯写真と映像感想。気紛れ更新ご容赦願う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告│ トラックバック(-) コメント(-)
『義経』第21回 いざ出陣
今日も義高&大姫は可愛かった…!
上洛すると言う義経に「父上に会ったら義高は息災ですとお伝え下さい」なんて泣かせるじゃないですかー!
ううう。こんな可愛い子の行く末が悲劇だなんて。ううう。(T-T)

九郎と愉快な郎党たちは義高大姫に気に入られ、目出度くも御曹司の出陣が決まり、またもや歌い出しそうな雰囲気でした。(実際カニと漁師は歌い踊ってましたが)
ああ、もう、なんやねん、あんたら。(笑)

鎌倉の夫婦はなんですか、政子が頼朝の代弁者になってるわけですか。うーん、怖。
父親はなんつーか親の七光りじゃなく、娘の威光で御家人に名を連ねているに過ぎなくなってる気がしますが気の所為じゃないでしょうね、多分。
平塚の件にしても義経の出陣にしても、別にあること無いこと吹き込んでるわけじゃありませんが、なんか政子の先読みに踊らされて策に溺れそうな雰囲気です。あっぷあっぷ。
厄介払いされたとは露知らず、初陣に心躍らせる義経が不憫でした。
まあ頼朝は頼朝で確固たる信念(情より理を重んず)をお持ちのようなので、決して踊らされることは無いとは思いますけど。でも嫁には頭上がらない感じだし…。(苦笑)
それにしてもここまで長かった。義経は戦してナンボの人ですから。でもこれからずっと戦続きで辟易するかもしれません。

一方相変わらずお馬鹿さん振りを発揮する宗盛。
知盛に「兄上が総大将になって…」と懇願されて嫌だとも言えず「法皇のおわす都をお守りせねば」と苦肉の言。正直に「戦は苦手だ」と言えばいいのにー。「知盛が総大将の器じゃ」と言えばいいのにー。(笑)
貧乏くじだから歳若い小松の兄様の息子に擦り付けかい。カッコ悪ー。
名指しされた惟盛も負け戦続きですっかり自信喪失これまた弱気で。
で、弟に「兄上、お受けなさいませ。名誉挽回の好機です」などと言われた後で「そのお役目、是非私に!」などと言ったらイヤイヤなのがバレバレなんですがー。(笑)
資盛も資盛だ。あんなでかい声で言うことなかろう。兄上が可哀想だよ。

義仲一世一代の見せ場、倶利伽羅峠の戦がお徳のナレーションで終わってしまったことに愕然…!
ぐわー。火牛の計はどしたー!凄い数の牛を期待していたのになんですか、アレは!
まあある程度は覚悟してましたけど。(『組!』もそうだったけどセット撮り多いですよねぇ。)
そして落武者となった惟盛の運命は…?
(余談ですがやふで惟盛を検索したらゲームサイトばっかりヒットしてよろりんでした。とほほ)
コメント
この記事へのコメント
思わず涙が…
義高のあのセリフ、思わず涙が出てしまいました…。
でも、もし人質として鎌倉に来る事がなかったとしても、義仲が××したら、頼朝はきっと木曽に兵を送ったんでしょうね…。

政子が恐い…。私の政子像からどんどんかけ離れていきます。鎌倉で一番敵にまわしたら危険な人物ですよね…。他の御家人が霞んでますよ、景時以外。
義経はいよいよ出陣ですね。やっと主役らしい活躍かもしれないけど、どうなるんでしょうね。
喜三太の頭、似合わないと感じるのは私だけでしょうか?

平家方は、ボロボロですね。
資盛は可哀相です…。このあと●●しちゃうんですよね…。しかし弟よ、あれじゃ断われないじゃないか…。

跡継ぎってホントに大事ですよね…。
北条さんのところなんて、嫡男・宗時が戦死したけど、義時が立派に育ったし、そのあとも泰時がいたし、意外と跡継ぎを育てるのが上手い一族だったのでしょうか…?

頼朝は、元服してから負け戦を経験し、あの年齢まで配流になっていたのが、すごく人生の上でプラスになってますよね。

これから、平家方の動きが楽しみです。


昨日の再放送、家族に邪魔され観れなかったです…。こうなったらDVDが出たら買います。
ホントに義高&大姫は可愛いですね。そして切なくなります。
2005/05/29(日) 23:40:29 | URL | ひろき #-[ 編集]
一人以内はマージンの範囲
こんにちは^^ もう見るの止めようとか言いつつ見ている大河なのですが。またまた面白くなってきましたねぇ。
子役が可愛くて存在感あって、ものすごく良いですね。
義高ちゃんの健気さを見ると「そういえばアンタにもこんな時代があったねぇー」とか義経のポイントをダブルアップしちゃうのって私だけでしょうか。
そして今日、気がつきました。お芝居がアレな人って、場面に一人以内の場合は脇の力に吸収させることが可能なんですねぇ!
アレとアレが出ないって本当に心安らかですわ。(伏せ字だらけのまま次回に続きます)
2005/05/30(月) 02:30:52 | URL | 見たままに切り取る京都 #mQop/nM.[ 編集]
倶利伽羅峠
義仲の見せ場がかなり簡略化されていたのは残念でしたね(ToT
一の谷・屋島・壇ノ浦くらいはきっちりしっかり合戦シーンが欲しいものです。
2005/05/30(月) 13:34:22 | URL | まるも #JfoHnYpw[ 編集]
まとめレスで失礼します。
>ひろきさん
政子が怖いのも喜三太の兜が似合わないのも同感ですよー。
それにしてもこの時代にお詳しいんですね。またいろいろ教えてくださいね。

そして先回分の再放送、見られなかったのですか。残念~!
でも今回も義高大姫は可愛かったので良かったですね。

>sunaさん
大河はこれからが面白いと思いますよー!ストーリーが大きく動きますしね。
暫くはアレとアレもそんなに出ないと思いますので心安らかに(笑)見て下さい。

>まるもさん
主役以外は見せ場もぶっちぎるという非情な番組ですね…。ほろり。
義仲、あとは傍若無人な田舎侍扱いをされるだけかと思うと悲しいです。
合戦のシーン、屋島と壇ノ浦は船をいっぱい用意しなくちゃならないのが心配です。大丈夫かな…。


2005/05/31(火) 22:53:11 | URL | tomoka #CITilce.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今日の義経、あまり期待してなかったけど、面白かったです。この作者は考え方の違い、生き様の違いなど、対比させて見せるのがお好きなようで、今回は頼朝と義経の価値観の違いを見事に浮き彫りにさせてくれました。前々から、何故頼朝は流人から天下を取り、国家を経営
2005/05/29(日) 21:48:20 | ぱるぷんて海の家
なるほど、こういう対比かぁと思った回でした。「主従の関係」と「情」に対する義経と頼朝の考え方の違いから、「新しき国」の統治に馳せる、頼朝(源氏)と清盛(平家)との思いの違いを描き出した流れは上手かった
2005/05/30(月) 13:25:38 | wayside plum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。