携帯写真と映像感想。気紛れ更新ご容赦願う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告│ トラックバック(-) コメント(-)
『御宿かわせみ』第1回
最初に一言。
これを12回もやるなら『華岡青洲の妻』をせめて10回にして欲しかったです!
ま、済んだことなので言っても仕方が無いんですが。

ストーリーは割りとどうでもいいんですけど(こら)、嬉しかったことと哀しかったことが半々くらい。
嬉しかったのは鈴木一真@天野先生が今回も出てくること。
のっけからどうやら七重(吉本多香美)に一目惚れしたようですが。
哀しかったのは源さんが宍戸開から沢村一樹に代わってしまったこと。
妻子持ちになったからちょっとカッコよくしたわけー?(←宍戸開に失礼だ)
源さんはあの朴訥として何処か少し鈍臭い雰囲気が好きだったのになぁ。(←だから宍戸開に失礼だって)
沢村一樹が嫌いなわけではないけれど、なんかスマートな雰囲気になってしまってちょっと哀しかったりする金曜の夜でした。
ゲストの杉本彩はどーもR18映画の印象が抜けなくてイヤンでした。
あまり時代劇には向かないような気がするのですが…。

公式HPはこちら
東吾とるいの忍ぶ恋の謎が解けたけど、天野先生と七重が互いに一目惚れで……って。ぎゃー。余りにも都合良過ぎ!(笑)
で、これって幕末の話だったんですか…。
東吾は神道無念流の遣い手って、ぅわぉ!(←話が横道に逸れそうだわ(笑))
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/05/15(日) 17:47:06 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/05/15(日) 17:52:31 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
●「シリーズ『民主主義のガバナンス』を考える(4/4)、第四章 議会制民主主義における「政党」の役割とは?」(下記URL?)の“研究用教材”になると思い、映画『極道の妻(おんな)たち、情炎』(東映作品/下記URL?、?)を鑑賞してきました。 ?http://d.hatena.ne.jp/t
2005/05/16(月) 13:09:51 | toxandriaの日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。