携帯写真と映像感想。気紛れ更新ご容赦願う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告│ トラックバック(-) コメント(-)
『名探偵コナン・水平線上の陰謀』
9回目ですかー。いやはや凄いですね。
最初の2作くらいは「アニメを劇場で見るなんてー」と思っていたのに、3作目のオンエアでハマって4作目から劇場に通うようになって、6年目の春です。
嗚呼、歳月の流れとはげに恐ろしきもの。(苦笑)

いつもの如く辛辣です。今回特に辛口です。無駄に長いです。
視点が普通の人と違うので、ファンの方は見ないほうが良いかもです。
今回は事前情報は「おっちゃん映画」だけでストーリー的には殆どまっさらだったのですが、見初めて数十分で先が読めてしまいました。うわー。詰まらんストーリー。(←こら)
初のデュアルサスペンス!って言うからどんなトリックが?とわくわくしていたのに、犯人が2人って…。えーそれだけー?がくり。(←こらこら)

初っ端からコ蘭(蘭コ?(笑))モード全開でなんだかなー、な感じでしたが、少年探偵団の面々、歩美ちゃんまでがコ蘭冷やかしモードだったのにもなんだかなー、でした。
あれですか、今回は「おっちゃん祭り」に加えて「蘭姉ちゃん大好きモード」ですか。
私的ツボだったのは園子嬢と灰原嬢。あのコンビは意外といけるかもしれません。
園子は哀ちゃんが苦手っぽいけど、哀ちゃんが元の姿に戻ったら、ねぇ?(笑)
かくれんぼそっちのけでシュート練習に勤しんでしまうコナン君に対する鋭いツッコミとか、「一緒に(お風呂)入る?」とさらりと言ってのけて光彦君をダウンさせてしまう辺りとか。
ああ、かなり砕けてる灰原さん、いいなぁ…。

殺人事件発生に緊急出動の本庁組。部下2人は美人刑事の手伝いにあぶれた者同志。いやはや今回千葉君だけが美味しいとこ取り。
そうそう、美和ちゃんに「千葉君手伝って」と言われたときに手にしていたのは魚肉ソーセージに違いない。オレンジ色のビニールの、端から「ピー」ってむけるやつ(笑)
「毛利さんの行くところ空でも海でも事件だらけですね」by白鳥刑事。
確かにおっちゃんが事件を呼ぶのかもしれませんが「次は宇宙ですか?」って。一般人は行けませんから、普通。
はっ!もしかしてこれって来年の複線?ほら、次は10周年の超大作だから!その名も『宇宙戦争』!(トム・クルーズ主演のパクリですか!(←いやそれ著作権に引っかかるから))

犯人探し。
今回はあの人とあの人!って解っていたけれど、てっきり共犯だと思っていたんですね。
あのザルのようなアリバイが不自然で不自然で。共謀してなきゃあんなアリバイが成立する筈が無いですから。
ところが真犯人が彼を利用していたってわけで、此処がデュアルサスペンスってことなんでしょうか。むー。ちゃちいデュアルサスペンス…。(ぼそ)
それに貴恵社長に変装する意味は一体何処にあったの?自分のこの手で殺す!みたいな信念があったってことなんでしょうか。

眠りじゃなく、ちゃんと推理するおっちゃん、カッコいい~(*^^*)
(そう言えばゴーショー展で「毛利小五郎の活躍シーン」ってパネルがあったけど、3つくらいしか事件無かった…(笑)。因みに3年前くらいのWHFで「工藤新一事件簿」ってパネルがあったけどこっちも2つか3つだった…。(笑))

ところで真犯人は格闘技の達人でおっちゃん手も足も出なかったけど、蘭ちゃんが空手の関東大会で優勝したというエピソードはこの複線だったのかな、と。あの時「へぇ」って表情していたし。
やられっぱなしのおっちゃんが最後に見せた一本背負い。女とは戦わない主義を曲げてまで決めたのは、コナン君の声がきっかけ?(必殺技ならもっと早く出しとけって思ったのは内緒の話。(笑))
「アンタ(が犯人)じゃない証拠を集めていたらこうなってしまった」って台詞は新一が蘭ちゃんに「阿笠博士が犯人だったら…」と訊かれて答えた台詞と同じですよね。
うーむ、やはり根っこが似ているということなのか、父親に似た人を好きになるということなのか…。

船に取り残された3人を救助すべく海上保安庁出動。
毎回働くおじさんお兄さんを描いてくれるのが嬉しいです。
コナン君、再び船首に落ちちゃって、おっちゃんの手も届かなくて大ピーンチ!と思ったら友情の金メダルが…!(爆笑!…するところですか、此処は)
あれはピアノ線製ですか!?普通に蝶結びしてあるだけの紐じゃ、いくら15kgでも無理ですから。ええ、絶対切れますから。
ところで自身を盾にしてポールにぶつかってしまったお兄さん、ちゃんと労災降りたかしら。
心配…。


どうしても納得できなかったのが、避難する時に子供たちが作ってくれた金メダルを取りに戻ってしまう蘭ちゃん。
「大丈夫、すぐに戻るから」
そう言って全っ然帰って来ない幼馴染がいることを忘れてませんかー?
何と言うか「大丈夫」って言葉は全然説得力が無いのですよ、青山世界の場合。
新一の時と違い、この場合、沈没する船に再度一人で戻る危険性を全然解ってない。何が起こるか、何処でどうなるか、解らないのですよ?
「思いやり」がこの映画のテーマらしいけれど、貰ったことに気付かずに残してきてしまった金メダルを取りに戻ることが、子供たちへの思いやりになるのか、私には解りません。
本人は「戻れる」と思っているけれど、もし万が一戻れなくて「蘭姉ちゃんは金メダルを取りに戻って沈没に巻き込まれてしまった」と後で子供達が知ったら?
それは子供達の心の傷になってしまうのではと考えてしまいました。
まあたかがアニメ、そんなに熱くなる必要は無いのですが。


あ、気になって仕方なかったのがコナン君が日下さんのボートに飛び移るときのポーズ。
「変身しそう」もしくは「面打ち(剣道の)?」
そして勝手にボートで犯人を追いかけた子供達をちゃんと叱ってくれてありがとう、目暮警部。

他所様の感想に沢山あった「ちび新蘭萌え」にはなぜか辿り着けなかった、今回の映画でした。
だってー…。(何が「だってー」ですか)
コメント
この記事へのコメント
だってー
こちらでこんにちは。某同好会写真を改めて見ていたら、感想が!
最後の「だってー」がなんとなくわかっちゃったりしてます(笑)
しかし、毎回いろんなツッコミどころがツボなわけでして・・・そう思いつつ、また見に行きそうな自分がここにいます。
2005/05/05(木) 18:20:16 | URL | megar #-[ 編集]
だってなんだか 
だってだってなんだもん!

そうですよねぇ。「そんなんぜったいおかしいやろ!」って突っ込みつつもなんでまた観ちゃうんでしょうかねぇ。
今回萌えが無かった私は取り敢えず『銀翼』DVDでも観ますわー。(←まだ観てなかったんかい)
2005/05/05(木) 20:31:41 | URL | tomoka #CITilce.[ 編集]
やっぱり…
私は平和派なので、「迷宮の十字路」が好きです。たとえ、どんな事を言われようと…。
今回の映画で萌えたのは、おっちゃんの英理さんへの気持ちと、海上保安庁のお兄さんです。
2005/05/06(金) 00:24:16 | URL | ひろき #Bzf5g9qY[ 編集]
『迷宮』も好き!
おおう。ひろきさんもお好きですかー!嬉しい~♪てへ。

平和もいいですよねvv
「迷宮」は大好きな京都が舞台だったのでより楽しめました。
銃刀法違反だろうが放火事件だろうが…(←おだまり)
2005/05/06(金) 22:39:22 | URL | tomoka #CITilce.[ 編集]
だってさ
おおう。ほぼ同じ感想~(^^)
ちび新蘭には私も特に萌えませんでしたねー。今回は蘭コでしょう。新蘭ではなくて。
犯人は声があんなにいいのに、トリック(アリバイ)がしょぼくて残念でした。
毎回ツッコミどころはあるものの、上映中からつっこんでいたのは初めてかも。
ただ、蘭ちゃんが沈没しかけた船の中に閉じこめられるという状況は、日本刀を持ったおっさん達にとりかこまれたり、片方エンジンのとれたジャンボ機を操縦したりするよりもハラハラさせられるものではありました。(でも助かるってわかってるからそれほどでもなかった・・・かな?←イヤンな性格)
2005/05/06(金) 23:14:08 | URL | やぎ #tIoTB6io[ 編集]
「蘭コ」なんだ…
コ蘭じゃなくて。そうだよねぇ。蘭ちゃん攻め(笑)だったもんねぇ。
なんか素でああいうことされると、本当にコナン君を弟みたいに思ってるんだなぁと嬉しかったり哀しかったり。
でも船に閉じ込められたのはちょっと「自業自得…」と思っちゃいました(←酷)。
どちらかと言えばエンジンの落ちた飛行機の操縦の方がハラハラしましたよ、私は。どう収めるのか全然解らなかったから。
2005/05/08(日) 14:08:05 | URL | tomoka #CITilce.[ 編集]
はじめまして。
私も「迷宮」が一番好きです♪
今回は、犯人がホントにすぐわかってしまって、途中で冷めてしまったのが残念でした(T-T)

蘭ちゃんは無謀ですね。自分のために大切な人が危険にさらされるなんて、取り返しのつかない事になったら悔やんでも悔やみきれないと思うのですが。

でも、コナン君が絶対見つけてくれると信じてましたけれど。
2005/05/19(木) 22:50:29 | URL | あさぎ #-[ 編集]
「迷宮」大人気!
あさぎさん、初めまして。場末サイトにようこそ!

今回は出た瞬間に「これ犯人!」って解っちゃいましたからねー。
犯人探しで面白かったのは、「標的」と「瞳」かなと思います。でも1番好きなのは「銀翼」ですけど。てへ。

蘭ちゃんはねー、天然で無謀だと思うんですよね。無謀と言うか自分を信じ過ぎというか。「自分だけは大丈夫」みたいな妙な過信があるというか。
…ってなに?いきなり説教?(笑)
2005/05/20(金) 22:10:55 | URL | tomoka #CITilce.[ 編集]
言いたかった事がここにすべて!
感じていたのに言葉にしきれていなかった事がすべて書いてある~と感動しています(^^) さすがですね!

コメントに全部返事しようと思ったのですがめちゃ長くなったのでトラックバックにします。
2005/05/28(土) 04:39:52 | URL | ほこ #rrswhLw2[ 編集]
ほこさんへ
トラバありがとうございます!
追加感想にも「そうそう!」って頷いちゃいましたよー。
「キャラがアホになってる」って言いえて妙でバカうけでした。
2005/05/28(土) 11:41:04 | URL | tomoka #CITilce.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
感想の中で、十分に言葉に出来なかったことが、tomokaさんのブログにすべて書いてあったので、それに便乗して追加の感想を書きたいと思います。>デュアル・サスペンス犯人二人(二組)いるだけでデュアル・サスペンスなのなら、「天国へのカウントダウン」だってそーやん!
2005/05/28(土) 04:50:35 | いっしょくた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。