携帯写真と映像感想。気紛れ更新ご容赦願う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告│ トラックバック(-) コメント(-)
久々にマンホール愛好会
20070127154011
岐阜県白川村。寒いです。
スポンサーサイト
『華麗なる一族』
キムタク目当てじゃなくて、ヤマコー目当て。
本読みながら眺めてただけなので、ストーリーは兎も角、出演者が豪華で「華麗」だな、と。
現代ドラマでの北大路欣也はちょっと怖かったです。(笑)
『白虎隊』後編
そうか、酒井峰治は分かれた半小隊にいて逸れたのかー。

白虎隊と言うと自刃した20人が有名なんだけど、実は彼らは極一部なんですよねー。生きてる方が多いもん。
ま、それはよしとして。
酒井峰治が主役って地味だなーって思ってたんですが、テーマがああいうものならそれもありかと。
生きて城に入った峰治を初めて抱きしめてあげられた母にちょっぴりジーンとしました。(ちょっぴり)

まあ時間的制約とか、何を中心にストーリーを進めるかとか、色々難しいとは思うのですが、なんかこう全体的に薄いなーというのが全体の印象でした。
殿は添え物だしねー。(笑)
西郷頼母もなーんか中途半端だし。
娘子隊と言えば中野竹子じゃないのー?とか。
山川大蔵の彼岸獅子入城は無かったし。
なのに泣血氈は出るのかーって。

いろいろ消化不良が否めない番組ではなかったかと。
うーん、やっぱり20年前の日テレには勝てなかったなぁ。
『白虎隊』前編
幕末佐幕派のワタクシとしましては「これは見なくちゃイカンでしょー!」ということで年末から楽しみにしておりましたが、キャスト的不安材料が見事的中…orz

華 麗 に 舞 う 殿 な ん て 嫌 だ ー ・・・。

薬師丸ひろ子の可笑しなキレ具合に失笑しつつ、気になったこといくつか。
・世良は当時京都におりましたでしょうか…?
・桂がバカっぽいのを何とかしてください。
・殿の直垂、紋がデカ過ぎ。
・やっぱり殿×照姫推奨なの?
・展開速過ぎ。
・松重さんステキ。(笑)

そして後編の最重要人物はクマ(峰治の飼い犬)。クマに注目。(笑)
最近のお気に入り。
20070106180133
駅に貼ってある熊野古道キャンペーンポスター。かわうい(*^^*)
熊野古道を歩くとドキドキしちゃうのね。(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。