携帯写真と映像感想。気紛れ更新ご容赦願う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告│ トラックバック(-) コメント(-)
『のだめカンタービレ #7』
キ レ た の だ め が 怖 か っ た ・・・!!!

今回は「変化」がテーマだったような…?
いぶし銀のモーツァルトからピンクのモーツァルトへの変わりようが可笑しくて可笑しくて。クロキンと清良、解り易過ぎ!特にクロキン、思わず「恋に落ちたな…(ふっ)」と呟いちゃいましたよ。(笑)
そう言えばピンクのモーツァルトって松田聖子ですよね?のだめ、なんで知ってるの…?

ハリセン教授がハリセン捨てちゃったのは残念だったけど、おなら体操は結構似合っていたかも(笑)。
千秋先輩も人に教えられるほどのだめの操り方が解ってきたんだなぁ…。うふv
スポンサーサイト
『功名が辻』第47話 種崎浜の悲劇
むー。後味悪い…。
ていうか原作でも六平太が進言したことになってるの?これ。
多分史実では山内家上げての陰謀だったんじゃないかと思うのですが、架空の人物に汚い部分を押し付けちゃうのはよくないと思いますね。(偉そう)

そうは言いつつも新一郎の最期、六平太が感情を露にしていたところにぐっと来ました。「お前は死んではいけなかった」って。
今回の件で味方で死ぬのは自分だけのはずだったのに、まるで道連れにしたみたいでどうにも遣り切れなかったんじゃないでしょうか。
この後自分の分も頑張って欲しかったんでしょう。

あ、千代がいつまで経っても夢見がちな乙女(笑)なのがどうにも耐えられません。まああと2回だから我慢するけど。

ところで鉄砲撃ってたお嬢さん、脇を締めて銃身を肩に押し付けないと反動で物凄いことになっちゃいますよー?(笑)
錦秋。


TAMRON AF28-300mm F5 シャッター速度1/40秒 ISO200

香嵐渓。今年の紅葉はダメですね…。
MOON FACE


TAMRON AF28-300 F6.3 シャッター速度1/20秒 ISO800

流石に夜はシャッター速度が遅くなってブレます。望遠側ではこれが最小値の絞り。ベランダの手摺にカメラを固定してもやっぱりブレます。
「あ。感度を上げればいいのかー!」
やっと応用が利くようになってきたようです。って何年目やねん…orz
(でもブレてるなぁ。やっぱり三脚が必要デスカ)
看板娘。
20061123200812
近所のコンビニに住み着いてるお嬢さん。
自動ドアの横でお客さんをお出迎え。
『のだめカンタービレ #6』
千秋先輩って実はジャイアンですか…?(笑)<「のだめのくせに!」
でもってやっぱりミッチーってコメディだよね。存在自体が。(笑)
それでもって豊原さんのわざとらしい関西弁が気になるんだけどハリセンは好き。(笑)

そう言えば先週家人が「千秋って名前じゃなかったの?」ってマジで驚いてた。(笑)
『功名が辻』第46話 土佐二十万石
寧々様笑い過ぎ。

それにしても年取ったなー!!!<六平太
何で今になって山内家に仕官したのかよく解らん。
余生を千代を守るために生きたいと思ったのかしらん?
来週はとうとう死んじゃうみたいだしなー。

って気付いたらあと3回しかないのか!
3回で土佐平定して一豊が死んで千代が死ぬのかー…って丁度3回じゃん。
あなたに届け!


TAMRON AF90mmマクロ F8 シャッター速度1/10 ISO200
熱いハートを飛ばすからvv
『のだめカンタービレ #4』
や、も、凄い感動しちゃいました!!!
のだめと一緒に泣きそうでしたよー。Sオケ万歳!(T-T)

それは兎も角実は
萌 え 死 ぬ か と 思 い ま し た ・・・!
玉木君のシャワーシーンと寝顔で。(笑)


『功名が辻』第44話 関ヶ原
『歴史発見』見たいな構成はこれっきりにして欲しいです。
布陣を説明することで理解し易くなるのは解るけど、ああいう説明の仕方はどうかと思うね。

戦の流れとか結末とかは既に知ってることなので感想はないんですけども、家康の厭らしさというか、そんなのがよく描かれてるなあと思いました。
『仕掛人 藤枝梅安』
以前渡辺謙さん主演のを観ていたので、配役が変わるのはちょっと不本意だったんですが。
でもまあ割とよかったかなと思いました。
岸谷さんは余り大柄な役者さんではないのが気にはなりましたが。小日向さんがいい味出してました。
池波先生の作品は作中にさり気に美味しそうなものが出てくるので困ります。今回も大根煮とか鯉のあらいとか餅とかホント美味しそうでー。
「明日大根煮よう!」って思いましたよ。(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。