携帯写真と映像感想。気紛れ更新ご容赦願う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告│ トラックバック(-) コメント(-)
『義経』第21回 いざ出陣
今日も義高&大姫は可愛かった…!
上洛すると言う義経に「父上に会ったら義高は息災ですとお伝え下さい」なんて泣かせるじゃないですかー!
ううう。こんな可愛い子の行く末が悲劇だなんて。ううう。(T-T)

九郎と愉快な郎党たちは義高大姫に気に入られ、目出度くも御曹司の出陣が決まり、またもや歌い出しそうな雰囲気でした。(実際カニと漁師は歌い踊ってましたが)
ああ、もう、なんやねん、あんたら。(笑)

鎌倉の夫婦はなんですか、政子が頼朝の代弁者になってるわけですか。うーん、怖。
父親はなんつーか親の七光りじゃなく、娘の威光で御家人に名を連ねているに過ぎなくなってる気がしますが気の所為じゃないでしょうね、多分。
平塚の件にしても義経の出陣にしても、別にあること無いこと吹き込んでるわけじゃありませんが、なんか政子の先読みに踊らされて策に溺れそうな雰囲気です。あっぷあっぷ。
厄介払いされたとは露知らず、初陣に心躍らせる義経が不憫でした。
まあ頼朝は頼朝で確固たる信念(情より理を重んず)をお持ちのようなので、決して踊らされることは無いとは思いますけど。でも嫁には頭上がらない感じだし…。(苦笑)
それにしてもここまで長かった。義経は戦してナンボの人ですから。でもこれからずっと戦続きで辟易するかもしれません。

一方相変わらずお馬鹿さん振りを発揮する宗盛。
知盛に「兄上が総大将になって…」と懇願されて嫌だとも言えず「法皇のおわす都をお守りせねば」と苦肉の言。正直に「戦は苦手だ」と言えばいいのにー。「知盛が総大将の器じゃ」と言えばいいのにー。(笑)
貧乏くじだから歳若い小松の兄様の息子に擦り付けかい。カッコ悪ー。
名指しされた惟盛も負け戦続きですっかり自信喪失これまた弱気で。
で、弟に「兄上、お受けなさいませ。名誉挽回の好機です」などと言われた後で「そのお役目、是非私に!」などと言ったらイヤイヤなのがバレバレなんですがー。(笑)
資盛も資盛だ。あんなでかい声で言うことなかろう。兄上が可哀想だよ。

義仲一世一代の見せ場、倶利伽羅峠の戦がお徳のナレーションで終わってしまったことに愕然…!
ぐわー。火牛の計はどしたー!凄い数の牛を期待していたのになんですか、アレは!
まあある程度は覚悟してましたけど。(『組!』もそうだったけどセット撮り多いですよねぇ。)
そして落武者となった惟盛の運命は…?
(余談ですがやふで惟盛を検索したらゲームサイトばっかりヒットしてよろりんでした。とほほ)
スポンサーサイト
『恋に落ちたら』第7話
先回から少し切ない展開になってきて、感想を書くのにもうーんと唸ってしまいます。
でも那須で寝食を共にして以来、島男と仲良しさんになった神谷取締役に救われていたり。(笑)
取締役になった島男に親しみを込めて「むかつくような出世しやがって」と言った後に「お前、大丈夫か?」とさり気なく心配したり。
仲良しさんなんだから~。うふふ~(*^^*)

今回は初めて島男がお金の為に自分の信念を曲げる(=高柳社長の下で働いていく)道を選んだわけですが、それは自分の意に沿わないことでも誰かが幸せになるなら…という理由での選択だったと思うのです。
それは龍太に言われて気付いたことなんですが。
「まり子を幸せにしてやってよ。……俺には何も出来ないから」
と言った龍太の切なそうな貌…。ううう。まり子がそんなに好きなんだねぇ。
このときのこの台詞とこの貌で、先回まり子の上司に会いに行ったのは「まり子を泣かせないで欲しい」と言いに行ったんじゃないかと思ったのでした。泣かせない=別れないってことなんですけども。
自分は振られちゃってまり子を幸せには出来ないから。
幸せそうなまり子を見守ることしか出来ないから、せめて彼女が幸せになれるように裏で手を回そう(言い方悪いですが)、って感じ。
余談:酔っ払った帰り、謝りに来たまり子の後姿に「可愛い~vv」って呟いたあなたの方が可愛いと思いました。(笑)

だから島男がフロンティアの取締役になって高柳社長のようにあくどい手を使ってビジネスをすることに不安を覚えても「それがビジネスだろ」と突き放すことが出来たのかも。「男ならそれくらいしろ」って。
結局取締役になって最初の仕事で、大量のヘッドハンティングをして会社をひとつ倒産に追い込むことになったのだけど、でも龍太にはそこまで見えていなかったんだろうなぁ。
況してやそれが島男に快感をもたらしていただろうことも。

それにしても解らないのは宮沢君。
中途入社で年下の島男の下につけと言われて内心穏やかでない筈だと思ったのは、私の邪推に過ぎなかったのかな…?
取り急ぎ備忘録3。
本日の「笑っていいとも!」では最後にチラッと触れただけでしたが、とりあえず続報。

『新選組!』来年1月続編放送 日刊スポーツ

時事通信よりも少し詳しい感じです。
因みにお友達は藤原竜也君でした。(タニショー先生、花もなかったよ…。しょぼん)
取り急ぎ備忘録2。
ついについに、やりました!やってくれました!NHK!

『新選組!』続編放送決定

耕史君@副長が主役なのはほぼ確定で、只今仲良しの草なぎ君@釜次郎は当然出るでしょ?
で、函館行く前に会津に行くから当然殿も出るでしょ?
そうすると当然一ちゃんも出るでしょ?
希望としては定敬も出て欲しいけど、この際贅沢は言わない。
兎に角殿!殿と一ちゃん!
とーの――――!!!!(←最早日本語不自由になってます)

あ~、は~やく来~い来いお正月~~♪(明日から指折り数えそうな勢いだ…)

そしてこの素晴らしい記事を教えて下さった猫右衛門さんのブログへトラックバッーク!
マンホール愛好会活動報告3
tomokaです…。
micioさんへのコメントで「じゃあ取って置きを~」などと偉そうなことを言いましたが、探してみたらこれしかなかったとです…。
tomokaです…。
下を向いて写真を撮るときは足の位置に注意しなければと思ったとです…。
tomokaです…。
tomokaです……。

そういうわけで昨夏旅行した会津若松市のマンホールです。
磐梯山と猪苗代湖と若松ですねー。
同行した家人が言うには「白虎隊のもあったよ」とのことですが、そういうことはその場で言えと叱っておきました。
ハウステンボスとか花博にもマンホールあったのかなぁと、かなり悔やまれます…。_| ̄|○
あ!万博にはあるのかな!?モリゾーとキッコロのマンホールだったら可愛いですよね?(←期待で目がキラキラ(笑))
しかし冷静に考えるとそんな金のかかることはしないだろう…。(苦笑)

今回もManhole Peopleにトラバさせてもらいます~。
取り急ぎ備忘録。
明日の「笑っていいとも」のテレホンショッキングに山本耕史@魚屋さんが出ます!
お友達は谷原@取締役希望!
そして金曜レギュラーの草なぎ君に「鈴木島男ぉ」と言って欲しい~(←それは社長のセリフです(笑))
カスタマイズへの道7。修正版
『ferris_wheel2』のCSSに文字色コードの間違いがありましたので、修正して頂けると有り難く存知候。(←何故時代劇…)
カスタマイズへの道7。
性懲りも無くまたカスタマイズしました…。「ヒマなんですか?」と言われそうですが、ええヒマなんですよ。って言うか、ヒマは作るものでしょ?
一番最初にカスタマイズした「ferris_wheel」を少々アレンジして夏向き&華やか(?)に。
モノクロだった画像をカラーにしただけって言えばそれだけなんですが。(苦笑)
IE6、オペラ、firefox、NNで動作確認済みですが、firefoxとNNではエントリブロックとメニューブロックの背景がドットになります。どう頑張っても白くなりませんでした。
「玄界灘…」でした。がくり。

『義経』第20回 鎌倉の人質
義高が可愛かった~~(*^^*)
画面に出る度に「可愛い~vv」を連発してました。健気だもんなぁ。
義高と大姫の可愛さが今後の悲劇を更に悲しくさせますねぇ…(T-T)
あの行家の詭弁のお蔭で義高が鎌倉に行かねばならなかったかと思うと、涙が出ます。おのれ行家…!
「源氏の頭領」と担ぎ上げられて鼻息が荒かったり、体のいい人質を要求されて檻のクマのようにウロウロ落ち着かなかったり、今日の義仲は何かと忙しい人でした。(笑)
巴ちゃんも勇ましかったり涙したり忙しかったですね。

平家では相変わらず宗盛が阿呆全開で。(←酷…)
知盛の方が余程世間が見えていると言うか、人を見ていますよね。阿部ちゃん、カッコいいなぁ。それにしても鶴見慎吾、巧いです。あの馬鹿振りが。(←至って褒めてます)
今日は資盛がいなかったのがちょっと淋しかったてす。『交渉人』以来小泉君急上昇なので。てへ。

子守りを仰せ付かった義経は、相変わらずポジティブシンキングで頭が下がります。
「寝首を掻ける」位置に召し上げるほど信用されている、と採るか。
義経がそう考えるだろうと看破していたのか、それとも不満を募らせたところを討つつもりなのか、相変わらず政子の真意は読めません。
相変わらずあの微笑が怖いです。手古奈に「気性が激しい」とまで言われるし。(笑)
それにしても子供相手に、怪訝そうだった二人の気を引こうとぴょんぴょん跳び回る義経がちと憐れに思えたり。そこまでするか、みたいな。
マンホール愛好会活動報告2


皆さんこんにちは。麗らかな週末、如何お過ごしでしたか。
マンホールとテンプレカスタマイズにハマったtomokaです。
あ、マンホールに嵌っちゃったわけじゃありませんよ。マンホールの蓋に嵌っただけです。(←この書き方もなんかヘン(笑))

先日アップした扇と鼓のマンホールがK市ではなくA市だと解った上、実はK市のマンホールは毎日駅へ行く道で見ていたと気付き、定期券を買いに行くついでに激写(←?)
土曜の昼で人通りは少ないとは言え、やっぱり下を向いてカメラを構えるのは恥ずかしいです…。
カスタマイズへの道6。
「bluesky」の3カラムを作ってみました。名前はこれまたそのまんまな「bluesky3」。(捻りが無いです…)
このブログは掲載している写真サイズが大きいので、プレビューでは右メニューが落ちます。(それではかっこ悪いので、サムネイルは隠しブログで作りました。(笑))
やっぱり自分が使うなら2カラムだなぁ。
夏に向けて水系の画像を使ったテンプレを作りたいと思う今日この頃です。あ、でも水槽のテンプレがあるからいっかな。
画像の着せ替えだけで幾つも作るのもなんだな、とか思うし。
あー、そう言えばテンプレコンテスト、まだ応募してないんですがどれにしよう…。(ーー;)
マンホール愛好会活動報告。
会員は1名です。(笑)



ユリノキの花。下ばかり見てたわけじゃないですよー、ってことで。(笑)
背の高い街路樹で高所に花を付けるので余り気付かないかもしれません。
何でも蜜が物凄く甘いのだとか。うーん、舐めてみたい…。
『義経』第19回 兄に物申す
一生懸命考えまとめて書いたときに限ってエラーで強制終了ってどゆことですか!マイク○ソフト!30分もかかったのに…。右クリも出来なかった…。とほほ。_| ̄|○

イントロの「密書送信中」のメール絵文字とバリ3のアンテナに脱力…_| ̄|○
そしてOPクレジットのラストが清盛から頼朝に代わったことに時代の流れを感じました。これからは源氏の時代なのね。

義経が五足の死を悲しんでくれたことにほろり。喜三太も悲しそうでしたね。一時でも一緒にいた仲間だものね。
最後に禿時代以前の、汚い(酷)五足を見れて嬉しかったです。さよなら、五足…。(T-T)

以上、今週の感想でした。(←開始10分も経って無いじゃんよ!)
『御宿かわせみ』第1回
最初に一言。
これを12回もやるなら『華岡青洲の妻』をせめて10回にして欲しかったです!
ま、済んだことなので言っても仕方が無いんですが。

ストーリーは割りとどうでもいいんですけど(こら)、嬉しかったことと哀しかったことが半々くらい。
嬉しかったのは鈴木一真@天野先生が今回も出てくること。
のっけからどうやら七重(吉本多香美)に一目惚れしたようですが。
哀しかったのは源さんが宍戸開から沢村一樹に代わってしまったこと。
妻子持ちになったからちょっとカッコよくしたわけー?(←宍戸開に失礼だ)
源さんはあの朴訥として何処か少し鈍臭い雰囲気が好きだったのになぁ。(←だから宍戸開に失礼だって)
沢村一樹が嫌いなわけではないけれど、なんかスマートな雰囲気になってしまってちょっと哀しかったりする金曜の夜でした。
ゲストの杉本彩はどーもR18映画の印象が抜けなくてイヤンでした。
あまり時代劇には向かないような気がするのですが…。

公式HPはこちら
東吾とるいの忍ぶ恋の謎が解けたけど、天野先生と七重が互いに一目惚れで……って。ぎゃー。余りにも都合良過ぎ!(笑)
で、これって幕末の話だったんですか…。
東吾は神道無念流の遣い手って、ぅわぉ!(←話が横道に逸れそうだわ(笑))
『恋におちたら』第5話
3,4回は見てるのに感想を書くのは初めてです。
今日はタニショー取締役が出ずっぱり~(*^^*)
先週は居酒屋で泣き叫ぶ魚屋とヒルズの田んぼで農作業する魚屋しか憶えていません。(笑)

いつもそうなんですが、主役はアウトオブ眼中なんです。スミマセン。
在庫一掃セール?
すこし前に使っていたテンプレを共有に登録しました。
お名前は「airline2」。(まんまじゃん…)
「bluesky」のNN、オペラでの崩れを修正して再登録。
なんだか在庫一掃大売出しのようです。一体何があったのでしょう。(ストレス解消らしいですよ、多分(苦笑))
こっちの方がすっきりシンプルで好きかも。
カスタマイズはご自由に。ですが素材の加工二次配布、画像や色を変えただけの共有登録は禁止の方向で。
まあ、常識のある人なら言わなくても解りますよねー?
IE6、NN7、オペラ、firefoxで動作確認済み。一応大丈夫みたいです。
それにしてもIEでしか表示されていないことが解ると焦ります。
「えー?なんでー?何処がだめなの――――?」
って一人でブツブツ言いながらソースと睨めっこってなんか哀しい図だ…。

カスタマイズへの道5。
昨晩共有テンプレに登録しました。
が、やはり二番煎じと言うか焼き直し感が否めない…。
IE6、NN7、firefox、オペラで動作確認済み。多少の崩れはありますが問題なく動くようです。
Macは使える環境がないので未確認。
カスタマイズは自由にして貰って構いませんが、素材(写真、アイコン等全て自作です)の加工や二次配布、画像を変更しただけで共有に登録するなどの二次配布は止めて下さい。
バグ報告はお使いのブラウザ、URLを書いて頂ければ出来る範囲で対処したいと思います。(でもきっと「すみません、解りません~」って平謝りしそうです。とほ)

因みに自分ちは左メニューにしてみたけどどっちがいい?(←誰に訊いてる)
『義経』第18回 清盛死す
五足が死んじゃった……(T-T)
つーか、なんで平家に殺されちゃったのでしょう。
清盛の遺言に従ったのに。従ったからなのかしら。
でもたかが耳役、放って置いても大した害はなさそうなんですが。
五足を乗せた大八車を引く烏丸が切なかったことです。ほろり。

それはそうと、えらいまたストレートなサブタイトルで、先週から少々うんz(強制終了)
今日の主役は相国入道なので京のシーンは必要だったでしょうが、組紐屋は不要では…?だってー、うつぼウザイんだもん(←こら)

清盛の見舞い要請に参内した宗盛に、悲しみに暮れている振りをする後白河法皇とその猿芝居にまんまと騙される宗盛。
アーホー。見抜けよ。つーかつくづく法皇に弱いな、宗盛。
平某の台詞、「父とも思いお仕えして…」の「父」にえらい反応してるし。(笑)

それにしても死に際の渡哲也の演技は凄いと思いました。
ゼーゼーヒーヒー言ってるの見ていたら、こっちまで息苦しくなりました。
時子さんも清盛が亡くなるときはえらい殊勝だったのに、大芝居うっちゃって、源氏追討を清盛の弔い合戦にしてしまって、ねぇ。西も東も女が強いですね、ホントに。
東といえば政子役の財前さん、いつも怒っているよう(不機嫌そう)に見えるのは私だけでしょうか。
何でそんな不機嫌そうな顔で義経見るのー?
あ、怒った顔していないとにやけてしまうから?(←それは無い、多分)

最後にどうしても知りたいこと。
当時の武士は烏帽子をつけたまま寝ていたのですか!?
知りたい、知りたい。どーしても知りたい。
余りの謎に今夜眠れないかも。(や、多分寝るけど)
新!(でも無いけど…)
FC2がブログテンプレートコンテストを開催しているので、今日は1日ヒッキーでタグと格闘。
今までと余り変わらんですが、如何なもんでしょう?
体裁が他のテンプレと殆ど変わらないのは、CSSは触れてもHTMLは怖くて触れないからです。
全く違うタイプのテンプレが作れる方は凄いなと思います。尊敬。

バックが煩くないですか?
アイコンが鬱陶しくないですか?
素材が使い回しだとか前のテンプレの方がいいとか(←言われる前に言う(苦笑))ご意見頂けると嬉しいです。
不具合が無ければこれで応募しようと思います。
『柳生十兵衛七番勝負』
帰宅したらちょうど始まったのでウキウキとTVの前に座ったら最終回ですってー!?
ちゃんと観れたの、結局2回…_| ̄|○

そうかー、戸田勘解由は駿河大納言の家臣だったのですね。それで家光に恨みが。
物凄い強面(失礼!)なのに、陰謀が失敗した後、同志が口々に「此処で死ぬ」と言ったのに対して「此処で死んではなりませぬ」と言ったり、竹とんぼを作って子供にあげたり、もしかしてホントはいい人なんちゃう?と思ったり。
次の十兵衛との対決シーンと対比していて、凄く印象的なシーンでした。
でも自分は剣で勝負を挑んでしまうのねん。宿敵だから?

流石にやられたときの形相は凄かった…。
目が落ちそうなくらいでかかった…。
怖かった…。(←こら)

保科正之が出てきたので「きゃvv会津が出るかも!」と期待に胸を膨らませましたが、流石にそれはありませんでした…。
それにしても会津の用人が幕府転覆の片棒を担いで主君に毒を盛るなんて、
ゆーるーせーん――――!
そんなヤツは会津武士じゃないやい!(←彼は会津武士ではなかろう)

十兵衛は勿論カッコよかったのですが、但馬守のオヤジ!
イカス――――!タヌキ――――!(爆笑)
オヤジスキーにも程があると思いながらもやっぱりオヤジが好きなのでした。


次は「御宿かわせみ」ですかー。
これ結構好きなんだけど、東吾さんがちょっと軽い感じなのがなぁ…。
真野響子と小野寺昭のシリーズが好きだったのですよ。(←マニア過ぎる…)
でもでも第3章ではとうとうるいさんと東吾さんが祝言を挙げるみたいで…。ホントかなぁ。
『名探偵コナン・水平線上の陰謀』
9回目ですかー。いやはや凄いですね。
最初の2作くらいは「アニメを劇場で見るなんてー」と思っていたのに、3作目のオンエアでハマって4作目から劇場に通うようになって、6年目の春です。
嗚呼、歳月の流れとはげに恐ろしきもの。(苦笑)

いつもの如く辛辣です。今回特に辛口です。無駄に長いです。
視点が普通の人と違うので、ファンの方は見ないほうが良いかもです。
カメラこもごも。


職場の屋上から撮影。因みに撮影日時は5月2日午後6時40分。
正直に白状しますと、この後のことを考えて逃避してました。(この後3時間余り残業…)

先日家電量販店でキスデジNを初めて手にしました。
早くも物欲の炎がメラメラと燃え盛っております。使い易い上にダブルレンズキットだと55-200の望遠も付いてくるなんてー!いいなぁ。キスN。
しかしやはり暫くはキスデジとのお付き合いを続けていこうと思います。(←当たり前です)
差し当たっては望遠レンズをお迎えしたいなぁと。200か300か迷っているのですが、此処は思い切って300にしたいところ。(純正は高いのでタムさんで)

そう言えば実家から攫ってきたPEN-FTに望遠レンズをつけて覗いてみた(←本当にファインダーから覗いただけ。フィルムが無いから(苦笑))んですが、なんだか黴臭いんですけど、父上ー。
「黴てるかも知れんぞー」とは言われましたが、本当に黴ているとは思わなかったことですよ、父上…。とほ。
風薫る。


GW前半は大阪へ行ってきました♪
天気もよく、新緑がとても綺麗でした。
『義経』第17回 弁慶の泣き所
泣き所って言うか……。
釈明する時の表情と泣き顔が白々しいような気がしたのは私だけでしょうか…。

今回は様々な女性が出てきましたけれど、私が一番いい(と言うか演技が巧いな)と思ったのは平家の資子さんでした。
東大寺大仏殿に火をかけてしまった夫の重衡を心配して時子さんに泣き縋るシーン、御仏の罰を恐れる辺りなんだか可愛らしいというか当時の女性らしいと言うか夫を愛してるのねぇ、と。
戸田菜穂さんは結構好きです。

一方鎌倉の女性たちはコメントに困る行動が多過ぎます。
政子さんは静に嫉妬してるような言動が多すぎて、アナタ頼朝の浮気を責められないでしょう?と思ったり。嫉妬してると言うよりもただ単に好き嫌いの問題なのでしょうが。
「殿御に縋ってしか生きられない女子など好きませぬ」ってそりゃアナタは差し出がまし…(強制終了)
それにしても政子さんに嫌われたら女は鎌倉では生きていけない気がします。ああ、怖い。
その静はと言えば相変わらず無表情で台詞ぶちぶち切れてるし。
手古奈さんは頼朝のお手付きになる前に逃げ出して正解かもですが、あの時代に女性二人で京都まで旅するって言うのは如何なものかと。
そして静が去った義経主従の今後の懸案事項といえば食生活なんじゃないでしょうか。がさつそうな千鳥は何処かお孝さんを思い出させます。ま、お世話なんて慣れですから、慣れ。

そして最後に。
福原に地蔵像を取りに戻ると言った五足はそろそろお別れのときなんでしょうか。ほろり。
あ。来週清盛様が亡くなるからやっぱり多分きっと…(強制終了)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。