携帯写真と映像感想。気紛れ更新ご容赦願う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告│ トラックバック(-) コメント(-)
テンプレのこと。
「2週間放置状態になりま~す」なんて言いながら割と更新出来ているのは、偏に現場が忙し過ぎて事務処理が後手後手になって書類が廻ってこないからです。
この反動が怖いです…。(泣)

ま、それはおいといて。
FC2ブログのテンプレート使用ランキングなるものが発表されてました。
普段余り管理者用ページとか見ない私ですが、久々にチェック。
私が作ったテンプレートのDL数が2位になっていて驚いているのですが、使用ランキング100位内に3つも入っていてこれまたびっくり。
実は私的にはイマイチだと思っているヤツなんですけどね…。(苦笑)

あ、それからどうやらサブドメインになったらしいので(←遅すぎ)ブクマやリンクは
http://heavenlyblue.blog2.fc2.com/
に変更して頂けると助かります。
旧アドレスでも大丈夫らしいですが、ここのところpingが飛んでいなかったのはその所為なのかも。
スポンサーサイト
『不機嫌なジーン』最終回
最後10分くらい見られたので取り敢えず感想。
(や、残業で全然見られないと思っていたから少しだけでも嬉しいの。勿論ビデオは撮ってるけど)

結局アンハッピーエンドだったんだー…。(絶句)
月9なのに最終回が拡大版じゃないことにも驚いたけれど。
例えば野に咲く花のように。


季節が来るとひっそり咲いて
誰にも気付かれなくても
誰かが気付いてくれるような
そんなひとになれたらいいな。

なーんて。
『義経』第12回 驕る平家
今日のツボは
巴に追いかけられる義仲
出家した小松の兄様
禿になってしまった五足
でした。

特に五足!似合わね――――!!!
借りてきた猫みたいにビクビクおどおどしてるし。
なんつーか、五足の魅力が半減どころか8割方消失って感じです。ぐすぐす。

巴ちゃん、ほんの少ししか出なくて残念でした。
馬でぐるぐる廻りながら箙から矢を抜いて投げるって、実は物凄く難しいことなんじゃないかと思います。小池栄子、随分練習したんじゃないかなぁ。(スタントマンじゃなかったですよね?(笑))
小沢征悦はやっぱりワイルドでカッコいい(*^^*)
カッコいいけど尻に敷かれてるんだ…。(苦笑)

宗盛って実は凄いコンプレックスの塊なんだなぁと思いました。
清盛は重盛を物凄く信頼していたけれど、宗盛にしてみればそれが面白くなかったんですね。「目の上の瘤」なんてあからさまに言ってるし。
重盛どころかその息子達にまで劣等感(嫉妬?)を抱いて。うーん大人気無い。
そしてあの有名な台詞に眉を顰める源頼政が来週とうとう反平家を掲げるわけですが、どーも「源頼政」というより「丹波哲郎」に見えて仕方が無いです。
役に染まらないというのはいいのか悪いのか…。

陰謀がぐるぐる渦巻き暗雲立ち込める京に比べて平泉の平和なこと。
運命の治承4年まで後少しらしいですが、一体今はいつなんだろう
日溜まり。


ラナンキュラス。
花弁が幾重にも重なってゴージャスな感じなのに、バラほど気位が高そうでもない、可愛らしい花だと思います。

本日の「笑」撃的事件
今井朋彦@殿様(私的には慶喜。絶対慶喜!(笑))が大名が居並ぶ広間の上段で叫んでいました。
「余の所まで召集されておらぬのではないか!?召集されておるのか、おらぬのか!?」
召集ならぬ(エステー化学の)消臭プラグのCMでした。
新商品を持って御前へ進み出る大名には容保なの!そうなの?そうなんでしょー!?
筒井君を起用してくれないと!!(←そこまで手が回らなかったのか…_| ̄|○)
『不機嫌なジーン』第10話
いつの間にか教授と勝っちゃん(勝田隼人だから(笑))@オダジョーが恋敵になってるー。
うーん、そういうのでもないのか、な、…?

先週見逃しているからその経緯がよく解らないけれど、教授と仁子ちゃんはラブラブになったんですねぇ。
ラブラブって言うか、教授が仁子ちゃんの世話焼いてるみたいな。
おお。以前と逆になってる気がする。
教授が大人になって(や、元々大人なんだけどさ)、仁子ちゃんが少し素直になったのか。
陣内事務長のイジメもエスカレートして、ますますヤな人っぷりが上がっていますしねぇ。
どーもダメなんですよねー。ああいう役柄とあの髪型が。(←髪型かい!)

それでもってとうとうぷろぽーずかー。
そーゆーラストに持って行って欲しくなかったと言うのが正直なところなんですが、やっぱりラブコメの王道を行くんですねぇ。
結局勝ちゃん@オダジョーは鞘当てに来ただけ?
つか、大嫌いな学者を苛めに来たんですね、きっと。
で、来週最終回なんですねぇ。しやわせなラストなんですねぇ、きっと。


「男女平等って言うけど元々造りが違うんだから平等なんて無理な話。」
うーん、さすが含蓄があるわー。神宮寺先生。

なんだか今日は文章がバカっぽいわー。(笑)
『義経』第11回 嵐の前夜
えーと。何しに平泉に来たんですか?<うつぼ
家礼になりたかったの?(当時は家来ではなく家礼と書いたんですねぇ。そして家人と家礼は違うんですねぇ。勉強になりますねぇ。)
庭で薪割をする御曹司がなんか…(苦笑)
そう言えば畑仕事もしていたっけ…(苦笑)

京の都に比べて関東と平泉の地味なこと!
まあなんつーか、当たり前っちゃ当たり前なんですが。
男女比率が違い過ぎるんで、色的にも、ねぇ。平家の女衆は艶やかですから。
さりげなーく鹿ケ谷の陰謀とか泥塔とか出てきて面白かったです。
が、法皇が清盛に対して嫌悪を抱いていくくだりが省略されているので「なんで急に平家打倒の陰謀に法皇が加わるん?」と感じてしまうような、そうでないような。(あ、私が3週間見逃している所為なのか…)
小松の兄様は宣言したとおり鬼になっちゃって、父上様にご意見してますし。
ご意見ていうか脅迫…?

それにしても清盛の、法皇を見る目が怖いです。
そして清盛を排除したいと願いながらも恐れている法皇が憐れ…。
ご機嫌取りに泥塔作っちゃう辺り、いとあはれ…。(苦笑)

来週は小池栄子@巴御前が楽しみかな。
連休など。
無い身分だと言ったのに。言ったのにー…!
また熱が出て図らずも連休になってしまいました。
いいんだ、今日の分は月曜日に休日出勤するから。(泣)

それは兎も角。
閉鎖していた本館を改装して1ヶ月ぶりに新装開店致しました。
宜しければこちらからどうぞ。
心を亡くすと。
しかったりれちゃったりするわけです。

先週末は原因不明の高熱(インフルエンザの検査は陰性だった)で3日間寝込んだりとか。
意地で熱を下げて出勤してみれば、まだ繁忙期前だというのにクソ忙しかったりとか。
以前から気になっていた同僚の態度に耐え切れなくなり、ブチ切れたりとか。
オットも職場でブチ切れて夫婦して「会社辞める!」と啖呵切ったりとか。

そんなこんなな怒涛の1週間で御座いました。
お蔭様で大河だとか月9だとか、そんな余裕は御座いませんでした。
ありがとう、素晴らしき職場!(←嫌味たっぷり)

そしてやっと病み上がりが癒えたかと思った頃にまた体調崩す馬鹿な自分…。_| ̄|○
今朝になって急に鼻水が止まらなくなり「とうとう花粉症?」かと思いましたが、歯が痛いので多分風邪でしょう。
連休などない身分なので、とっとと寝ます。
行った気になる。

ヘアカタログを買うつもりで寄った書店でこんなものを買ってしまいました。
行きたかったけれど結局行けなかった冬の会津。
この本でせめて視覚的に行った気に……なれるわけないか。(苦笑)
「可憐だ…。」


タイトルの台詞が解った人はマニアだと思います。(ええ、私はマニアです。否定はしません(笑))


不測の事態
昨日の『義経』の感想がないのはちょっとしたアクシデントの所為です。
まあ公表するほどのものでもないのですが、自分のための備忘録ということで。

『不機嫌なジーン』第8話
苦手なものがたくさん出てちょっと困ってしまいました。
カマキリとかハサミムシとか陣内さんとか。
カマキリはあの顔が物凄く苦手です。逆三角のまさに肉食、って感じの顔。
ハサミムシはあの腹が苦手です。
陣内さんはあのお芝居が苦手です。
どうしてあの人はああいう胡散臭い、毒のある役ばかりなんでしょう。むー。

2年ぶりに帰国した教授がちょっと幼い感じになっていたりとか、8話にして初めて月9のようなシーンを見たりとか、オダジョーが軽~いけど屈折していたりとか、その他いろいろありましたが一番楽しかったのは研究室で鍋をするのにフラスコやビーカーを使う風景が『動物のお医者さん』のようだったことでした。(笑)
ミクロの世界。
『華岡青洲の妻』最終回
家政婦 小姑は見た!』
って感じでしたね。
あの家はやはり異常だったのでしょうか。

小陸ちゃんが「私の幸せは嫁に行かなかったこと」と泣きながら言ったのは哀しいと思ったけれど、嫁姑のいがみ合いを体験せずに死んでいくことはある意味では幸せだったのかもしれない。
青洲も於継と加江が自分を巡って諍いを続けていることに気付かないはずはなく、気付かぬ振りをして要領良く立ち回っていたのだったらなんか「いけ好かない男」という印象です。(←酷)
そのつもりはなくても二人を「利用した」みたいに感じてしまいます。
「利用した」と言えば乳癌のおばあさん。渡に船、つーかなんつーか…。(ーー;)
結局あの当時の女は「男を養う道具(@小陸)」だったのかもしれません。



結局小陸ちゃんが一番正常な感覚の持ち主だったのかと思うと同時に、加江と於継の気持ちが物凄く美化されているような気がして少し後味の悪い最終回でした。
そんな綺麗事じゃないだろう!ってねー。(苦笑)

それにしても乳癌の手術時の青洲の着物は派手過ぎやしないだろうか。
赤とか黄色は魔除けというか、邪を払う意味もあったのかしらん。
それにしても派手だ…。
降臨
したそうですよ、21年ぶりに。<名古屋城の金鯱

夜のニュースで知ったんですけど。(←ダメダメ)
知っていたら見物に……は流石に行けませんが、万博とか名古屋城博とか、自分の人生の中で多分二度目はないであろう世紀のイベントを楽しむのもいいかなと思うようになった今日この頃。
万博、通し券でも買って通おうかな。(笑)

万博もいいけど、アウトレットモールに行きたいとか思ってしまうミーハー。(←ますますダメじゃん)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。