携帯写真と映像感想。気紛れ更新ご容赦願う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告│ トラックバック(-) コメント(-)
『功名が辻』最終回 永遠の夫婦
最終回にありがちな回想とオールキャスト出演での大団円でした。
あああ、毎度のことながらなんとかならないのかしらねー、この終わり方。
あー玉木君のヒゲヅラがもう拝めないのが淋しいなぁ。(ってそこか!)

最期まで悪女っぷりを見せ付けた淀がなかなかよかったと思いました。しかし大野治長に殺されちゃったのは可哀想過ぎやしないかと。ほろり。

スポンサーサイト
『功名が辻』第48話 功名の果て
とうとうあと1回になってしまいました。
玉木君のヒゲヅラが見られるのもあと1回。ううう、淋しいな。

さて、先週予告を見たときも思ったのですが。

あ の 倒 れ 方 は 痛 い で す よ !

昔ね、中学生の時、友達が朝礼中に倒れちゃったんですがまさにああいう倒れ方で頬が裂けちゃったんですよねー(痛たたたたたたた)。それ思い出しちゃいました。
ま、そんなことはどうでもいいんですが。

家出した千代を康豊が「兄上が倒れた!」と迎えに来たとき「仮病?仮病」とツッコミつつも上川さんの演技に「ホントに病気?」と思った瞬間、思い切り起き上がったので、すかさず「やっぱ仮病かよ!」ともう一度ツッコミ。
ツッコミつつ、むーと唸りつつ、最終回へ雪崩れ込みます。
『功名が辻』第47話 種崎浜の悲劇
むー。後味悪い…。
ていうか原作でも六平太が進言したことになってるの?これ。
多分史実では山内家上げての陰謀だったんじゃないかと思うのですが、架空の人物に汚い部分を押し付けちゃうのはよくないと思いますね。(偉そう)

そうは言いつつも新一郎の最期、六平太が感情を露にしていたところにぐっと来ました。「お前は死んではいけなかった」って。
今回の件で味方で死ぬのは自分だけのはずだったのに、まるで道連れにしたみたいでどうにも遣り切れなかったんじゃないでしょうか。
この後自分の分も頑張って欲しかったんでしょう。

あ、千代がいつまで経っても夢見がちな乙女(笑)なのがどうにも耐えられません。まああと2回だから我慢するけど。

ところで鉄砲撃ってたお嬢さん、脇を締めて銃身を肩に押し付けないと反動で物凄いことになっちゃいますよー?(笑)
『功名が辻』第46話 土佐二十万石
寧々様笑い過ぎ。

それにしても年取ったなー!!!<六平太
何で今になって山内家に仕官したのかよく解らん。
余生を千代を守るために生きたいと思ったのかしらん?
来週はとうとう死んじゃうみたいだしなー。

って気付いたらあと3回しかないのか!
3回で土佐平定して一豊が死んで千代が死ぬのかー…って丁度3回じゃん。
『功名が辻』第44話 関ヶ原
『歴史発見』見たいな構成はこれっきりにして欲しいです。
布陣を説明することで理解し易くなるのは解るけど、ああいう説明の仕方はどうかと思うね。

戦の流れとか結末とかは既に知ってることなので感想はないんですけども、家康の厭らしさというか、そんなのがよく描かれてるなあと思いました。
『功名が辻』第42話 ガラシャの魂
あらあら。随分久し振りな感想です。ちゃんと観てはいたんですけどね。

ここの所ずっと家康のタヌキ振りが鼻についてヤでした。郷土の偉人ながら本当に「ムカツク」ヤツです、家康。
秀吉の壊れっぷりも凄かったけど。

で、今日は山内夫妻と細川夫妻の違いが切なかったです。
愛する妻を守るために掛川から大阪へ弟を遣る一豊と、屋敷に幽閉し自害をさせる忠興。
ガラシャの死はキリシタンの悲劇と家を守ったという美談になっているけど、本当は夫の甲斐性が無かっただけみたいに思えますな。(笑)

ここ数回、すっかり山内家の忍のような六平太、もういい加減山内家に仕官したらいいのに。
そして玉木君のあの声は時代劇では全然違和感がないなぁ(笑)
『功名が辻』第38話 関白切腹
前半で関白秀次の切腹、後半では拾との別れを描いていましたが、山内家的には拾との別れの方が重いような気がするのですが。
いっそのこと『別離』とか『別れ』のような、抽象的なタイトルの方がいいんじゃないかと思うんですけどね。
ま、それはいいとして。

秀次が伏見へ向うと決めた直後の泣きそうな笑顔がとっても痛かったです。
死を覚悟で太閤に意見した秀次は今までで一番立派でした。

そして自分が捨て子と知っていて「捨て子だから武士にはなれないのか」と千代に問うた拾も。賢くていい子なのに。だから余計に痛くて切ない。
出家させられると知ったときも「父上の命令なら寺へ行きます。でなければいやです」なんて泣かせるじゃんかー!(T-T)
秀次にしても拾にしても大人の都合(当時はそれが常識だったのかもしれないけれど)に巻き込まれて、自分の本意でない生き方をさせられてしまった犠牲者なんでしょう。
秀次は切腹させられてしまったけれど、拾はこれから俗世から離れて静かに生きていけるから、幸せなのかもしれないなと。
暫く後にはいいこともあるし。ね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。